2018年米国スーパーボウルインフルエンサーマーケティング事例4選

Pocket

スーパーボウルはアメリカンフットボールの最高峰の大会で、アメリカ最大のスポーツイベントです。

毎年数百万人の米国民が観戦するスーパーボウルは、企業にとって一年の中で最も大きな広告宣伝の機会になっています。2017年のスーパーボウルは、3億8500万ドルの広告収入を生み出しました。 また、スーパーボウルの30秒間のテレビCMの価格は年々上昇していて、2017年には500万ドルになりました。

近年、スーパーボウルの広告宣伝においてソーシャルメディアの存在感が高まっています。

あらゆるジャンルのブランドがスーパーボウルの試合の数週間前から Instagram や YouTube を使ったプロモーションに取り組み、スーパーボウルに特化したクリエイティブなインフルエンサーキャンペーンを展開しています。

今回は、2018年に行われたスーパーボウルで4つの世界的なトップブランドが行ったインフルエンサーマーケティング事例を紹介します。

 

目次

    1. Amazonの事例
    2. 食品メーカーKraftの事例
    3. アルコールメーカーMichelob ULTRAの事例
    4. Boseの事例
    5. まとめ

Amazonの事例

「Amazon 社」はソーシャルメディアで日常的にインフルエンサーとタイアップして自社製品のプロモーションを行っています。

2018年のスーパーボウルのキャンペーンでは俳優やラッパーなど4名の有名人とタイアップし、TVコマーシャルを通じてスマートスピーカーの Amazon Echo と AI サービスの Alexa をプロモーションしました。

TVコマーシャルの中で、AI の Alexa は喉の調子が悪くて声が出なくなってしまいます。Amazon 社の CEO である Jeff Bezos さんが、Alexa の代わりに音声案内をしてもらうように Rebel Wilson さん、Cardi B.さん、Gordon Ramsey さん、Anthony Hopkins さんの4人の有名人に依頼します。4人は Amazon 社 のヘッドセットを使って Alexa の代わりに Amazon Echo のユーザーに音声案内をしますが、「今日は何曜日?」「音楽をかけて」などのユーザーの問いかけに誰もまともに答えずに笑いを誘います。

スーパーボウルの開催に先立って、Amazon 社とタイアップした4人の有名人全員が Instagram にコンテンツを投稿してTVコマーシャルをプロモーションしました。

Amazon 社とタイアップした有名人の1人である Cardi B さんはアメリカ人のラッパーで、Amazon社 のスーパーボウルの広告をプロモーションするために Instagram で2件のコンテンツを投稿し、100万件の「いいね」やコメントが集まりました。

4人が投稿した Instagram の投稿数は合計7つで、130万件の「いいね」と1万4500件のコメントを獲得し、5.7%という高いエンゲージメント率を達成しました。

4人の有名人は、Instagram の投稿でTVコマーシャルの内容をあえてはっきりとは説明しませんでした。それによって、Instagram を見て興味を持ったオーディエンスが Amazon 社のスーパーボウルのTVコマーシャルを閲覧する、という流れを作ることに成功しました。インフルエンサーの持つ莫大なリーチ数を活用した事により、Amazon 社は2018年のスーパーボウルでのTVコマーシャルの認知とオーディエンスの期待を効果的に生み出しました。

おすすめ記事:世界的ショッピングサイト・Amazon社が展開するインフルエンサーマーケティング事例

世界的ショッピングサイト・Amazon社が展開するインフルエンサーマーケティング事例

食品メーカーKraftの事例

米国の食品メーカー「Kraft 社」は、スーパーボウルでの広告キャンペーンを始めた当初から革新的な「ソーシャルメディアコンテスト」を展開しています。多くのブランドがスーパーボウルのTVコマーシャルで有名人とタイアップしている中、Kraft 社はTVコマーシャルに一般の人々を起用し、Kraft ブランドが健康的で家族向けの価値を提供している企業である事を強調しています。

Kraft 社は Instagram と Twitter のユーザーにスーパーボウルを家族で観戦している写真やビデオを投稿してもらい、 Kraft 社のTVコマーシャルに出演するチャンスが獲得できるコンテストを実施しました。コンテストにエントリーするために、ユーザーは北米時間の2018年2月5日の午前6時から午後8時30分の間に写真やビデオに #FamilyGreatly のハッシュタグを付けて投稿しました。

Kraft 社はコンテストをプロモーションするために 6人の Instagram インフルエンサーとタイアップしました。6人のうち4人はフォロワーが10万人以上のマクロインフルエンサー、残りの2人はフォロワーが10万人以下のマイクロインフルエンサーでした。

Instagram インフルエンサーである LeJuan James さんは、Kraft 社がタイアップした中で最も有名なインフルエンサーでした。LeJuan James さんは友人とスーパーボウルの試合を鑑賞している写真をアップし、友達も含まれる現代の「家族」の在り方を強調しました。彼は Instagram でコンテストの詳細を分かりやすく説明し、190万人のフォロワーに参加を呼びかけました。

このコンテストについて Kraft 社は、「スーパーボウルのTVコマーシャルに一般の家族が出演できる機会を提供できてとてもワクワクしています。私たちは全ての家族、そう、あなたのような家族の在り方を見せてほしいと呼び掛けているのです。愛情と信念があれば、家族の在り方に正解などないのです。」と話しました。

コンテストの中で Kraft 社は「家族の形は一つだけではない」などの印象的なメッセージを発信し、多様性や受容性について進んだ考えを持っているブランドであることをアピールしました。そして、家族でスーパーボウルを観戦している写真やビデオで構成されたTVコマーシャルは、Kraft ブランドが「身近」で「家族向け」であること、そして、Kraft 社は「一般の人々と繋がりを持ちたいと思っているブランドだ」というポジショニングをする手助けになりました。

今回の Kraft 社の事例のように、近年、Coca-Cola、Procter & Gamble、General Mills などの大手企業が、同性カップルや人種や国籍が異なる家族の存在を世間に広め、多様性の在り方に賛同する広告を展開しています。

おすすめ記事:インフルエンサーマーケティング4つの成功事例 -健康食品-

インフルエンサーマーケティング4つの成功事例 -健康食品-

アルコールメーカーMichelob ULTRAの事例

スーパーボウルのような大きな試合の期間中はビールの消費量が必然的に増加します。米国のアルコールメーカーである「Michelob ULTRA 社」 はスーパーボウルのスポンサーになる事で売上の増加を狙いました。

Michelob ULTRA は Amazon のTVコマーシャルの事例のように有名なインフルエンサーとタイアップを行いました。

Michelob ULTRA のTVコマーシャルは、俳優の Chris Pratt さんが演じる架空の俳優が Michelob ULTRA の広告に出演する事になった、という内容になっています。Chris Pratt さんはTVコマーシャルに出演するためにはりきって準備をするのですが、実はメインキャストではなく、エキストラとしての起用でした。

Chris Pratt さんは自身の Instagram にも Michelob ULTRA とのタイアップコンテンツを投稿し、100万件以上の「いいね」を獲得しました。

Michelob ULTRA は Chris Pratt さん以外にも複数の Instagram インフルエンサーとタイアップし、その多くがマイクロインフルエンサーでした。

フィットネスとライフスタイルの Instagram インフルエンサーである Jera Foster-Fell さんは、このキャンペーンに参加した「有名ではない」インフルエンサーのうちの一人です。 彼女はスーパーボウルの試合の前に、フットボールチームである「Philadelphia Eagles」のジャージを着て、Michelob ULTRA のビールのボックスを横に置いて撮影した写真を投稿しました。

俳優の Chris Pratt さんの Instagram への投稿がスーパーボウルのTVコマーシャルへの人々の関心を高め、Foster-Fell さんのようなインフルエンサーのコンテンツが広く効果的に Michelob ULTRA をプロモーションしました。

おすすめ記事:アルコール業界のインフルエンサーマーケティング6選—バドワイザー、ハイネケン、スミノフ…

アルコール業界のインフルエンサーマーケティング6選—バドワイザー、ハイネケン、スミノフ…

Boseの事例

今回紹介した4つのブランドの中で、音響機器メーカーの「Bose」は唯一スーパーボウルのTVコマーシャルに投資をしなかったブランドです。それにも関わらず、Bose はフットボールチームである「Eagles」と「Patriots」のファンとそれぞれのチームの選手たちを結びつけた YouTube 動画と Instagram のキャンペーンを通じて数百万人の消費者にリーチすることに成功しました。

Bose はまず3つの YouTube 動画を作成しました。1つ目は Eagles のファンの日常を描いたもの、2つ目は Patriots の熱狂的なファンを取り上げたもの、そして3つ目はそれぞれのファンが2枚のスーパーボウルのチケットをプレゼントされて驚く様子がフォーカスされています。

そして、Bose は13人の Eagles と Patriots の選手とタイアップし、作成した3つの YouTube 動画の短いプロモーション用動画を彼らの Instagram でシェアしてもらいました。それぞれの選手の投稿には共通して #FootballFeelings のタグが付けられました。

Eagles のクオーターバックである Carson Wentz さんの投稿は58,000件の「いいね」と200件のコメントが寄せられました。エンゲージメント率は通常よりもはるかに高い15.1%という結果になりました。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Thank you for the support, Kelly & Fran! We appreciate you! #FootballFeelings #TeamBose #FlyEaglesFly #MINvsPHI @Bose

Carson Wentzさん(@cj_wentz11)がシェアした投稿 –

スーパーボウルの熱狂的なファンにチケットをプレゼントする事によって、Bose はスーパーボウルキャンペーンへの思いを効果的にオーディエンスに伝え、Bose を「消費者にしっかりと恩返しをしていくブランド」だということをアピールしました。Bose は今回のキャンペーンを通じて多くのリーチを獲得しただけではなく、自社のブランドにも良いイメージを与えました。

おすすめ記事:Beats by Dre 社にとってインフルエンサーマーケティングとは?

Beats by Dre 社にとってインフルエンサーマーケティングとは?

まとめ

2018年のスーパーボウルで代表的な4つのブランドは次のようなインフルエンサーキャンペーンを実施しました。

・Amazon

4人の有名人とタイアップし、スマートスピーカーの Amazon Echo、AI を搭載した Alexa のプロモーションを実施した。

・Kraft

一般の家族にスーパーボウルのTVコマーシャルに出演するチャンスを提供し、そのコンテストをプロモーションするために6人の Instagram インフルエンサーとタイアップした。

・Michelob ULTRA

スーパーボウルの試合期間中にビールの消費量が増加することを受け、有名俳優や複数の Instagram マイクロインフルエンサーとタイアップして商品をプロモーションした。

・Bose

4つのブランドの中では唯一、スーパーボウルのTVコマーシャルに投資をしなかったブランドだったにも関わらず、フットボールチームの熱狂的なファンと選手たちを繋げた YouTube 動画と Instagram のキャンペーンを通じて数百万人の消費者にリーチする事に成功した。

どのブランドも Instagram や YouTube など、複数のプラットフォームを掛け合わせて話題作りをしている点が共通しています。今回の事例のように、企業は単純にTVコマーシャルに投資するだけではなく、TVコマーシャルに繋がる話題作りを前もってSNS上で仕掛けています。

また、Bose のようにTVコマーシャルに投資せずにSNS上のプロモーションのみで多くのリーチを獲得している事例もあります。

インフルエンサーとタイアップした話題作りはスーパーボウルのプロモーションのスタンダードな手法になりつつあります。

参考: http://mediakix.com/2018/02/super-bowl-marketing-campaigns-social-influencers/#gs.yfQV4U7F
https://www.statista.com/statistics/217134/total-advertisement-revenue-of-super-bowls/
https://www.cbssports.com/nfl/news/super-bowl-2018-heres-how-you-can-be-in-krafts-big-commercial-on-sunday/
https://repped.io/blog/marketing-super-bowl-influencers-came-top-2018/

Pocket