バングラデシュ政府とインフルエンサーによるコロナウイルス感染拡大防止キャンペーン

Pocket

2020年4月現在、世界的なコロナウイルスの流行は未だに収束していません。米国の保健局は、「ミレニアル世代がコロナウイルスの流行を止める鍵だ」と強調しています。

ロサンゼルスのインフルエンサーマーケティングエージェンシー「Xomad」は、バングラデシュ政府と協力し、ソーシャルメディアで活躍するインフルエンサーを通じてミレニアル世代に感染拡大防止を呼びかけるキャンペーンを実施しました。また、長引く自粛生活で疲れた人々の心を癒そうと、多くのインフルエンサーがコンテンツを通じて励ましのメッセージを送っています。

今回は、Xomadとバングラデシュ政府の取り組みを中心に、コロナウイルスの感染拡大を食い止めようと奮闘するインフルエンサー達の活動を紹介します。

目次

  1. バングラデシュで生まれたインフルエンサーによるソーシャルリーダーグループ
  2. さまざまなインフルエンサーが今の状況に合ったコンテンツを投稿
  3. まとめ


  4. バングラデシュで生まれたインフルエンサーによるソーシャルリーダーグループ

    View this post on Instagram

    This is probably the most hardest times of all of our lives! The Earth has stood still, and sometimes it feels like everything is going to end soon. But these are the kind of thoughts you shouldn’t be having! Because we are all in this together and by Together I mean staying far apart from each other. By maintaining Social Distancing, most importantly STAYING AT HOME! So be patient and stay calm because this is all going to end sooner or later if we keep on maintaining the precautions & safety guidelines provided by @WHO. If you stay home you stay safe and you flatten the curve! I’m honoured to be a part of the social leader project for creating awarenesscampaign supported by @ictdivision and @nationalbanklimited #CalmCovid19 #EducationOverFear #SafeAtHome #IStayHomeFor #TogetherAtHome #FlattenTheCurve

    A post shared by Ishrat Zaheen Ahmed (@ishrat_zaheen) on

    インフルエンサーマーケティングエージェンシーの「Xomad」は普段、インフルエンサーとブランドを結びつけ、顧客とのエンゲージメントを高め、ブランドの売上に繋げるための活動を行っています。しかし、現在はコロナウイルスの感染拡大防止に関するブランドのメッセージを世間に伝えることに注力しています。

    XomadのCEOであるRob Perryさんは2020年1月にバングラデシュを訪れ、バングラデシュ政府とインフルエンサーを結び付けたいと考えました。

    Perryさんは500名のインフルエンサーチームを作ることをバングラデシュ政府の情報通信技術部門に提案しました。当初、Perryさんはインフルエンサーチームを、健康・教育・テクノロジーの面で活用しようと考えており、コロナウイルスの感染拡大防止プロジェクトについては想定していませんでした。

    Xomadとバングラデシュ政府は2020年4月に200人のインフルエンサーで構成されたソーシャルリーダーグループを結成し、インフルエンサーを5,000人規模まで拡大することを計画しています。プロジェクトの目的はコロナウイルスの感染拡大を抑制することで、フォロワーが5,000人~25万人のインフルエンサーが起用されました。

    なぜバングラデシュなのか?

    View this post on Instagram

    Hello to all my Instagram Family members. Hope you all are doing well and staying at your home. We will always remember 2020 as the most terrible year of our life. Because in this year what we are facing no one has seen before and hopefully will not see again. I know we all miss being together, we all miss seeing each other, but at this time we have to protect ourselves. We have to stay home to keep us and other people safe. We all always wanted to be a superhero. It was always our dream to be one. Trust me this is the time. COVID 19 is the BAD GUYS. You don't need to do any superhero works like jumping from a building, climbing a tower, jumping into the fire or fighting with villains, all you have to do is to STAY HOME. This is the best way to be a superhero and to save your family. And this may save other families too. It's not just staying home, we have to stay home and stay hygienic. If you ever feel like going out for any important work never forget to wash your hands and follow all the necessary steps after returning home. I suggest everyone to do so. Spread positivity and safety. STAY HOME and save people and your family. Be sure to visit https://bit.ly/WHOCovid19BD or follow @WHO for more information on how to keep you and your family safe during this rough time! Honoured to be a part of the social leader awareness campaign supported by the @Ictdivision and @nationalbanklimited. #CalmCovid19 #EducationOverFear #safeathome #istayhomefor #TogetheratHome#FlattentheCurve

    A post shared by AL FAHAD BARI (@alfahadbari) on

    バングラデシュは国民の54%が34歳以下という非常に若年層の多い国です。ところが、バングラデシュ政府の情報通信技術部門は、従来のメディアを通じた若年層へのアプローチに苦戦していました。Perryさんとバングラデシュ政府は、インフルエンサーが若年層に対して強い影響力を持つことに着目しました。

    バングラデシュの政府関係者は、「インフルエンサーのグループを通じてコミュニケーションを取ることによって、若年層に対して効率的にアクセスできます。数百人、数千人という規模のインフルエンサーを活用すれば、国民に対して伝えたいメッセージを信じられないスピードで拡散することができます。」と話しています。

    また、バングラデシュはインフルエンサーマーケティングや口コミを活用したキャンペーンがまだそれほど一般的ではないため、高い効果が期待できました。

    フォロワーが10万人以下のマイクロインフルエンサーが活躍

    View this post on Instagram

    My parents are in their 50s. The risk of my parents and all my loved ones getting affected by Covid 19 is pretty high. I could’ve been careless about it, I could’ve gone out with my friends and continued my daily life. But I choose to stay home. I’d rather stay home than go out knowing I could be a carrier of Covid 19 putting hundreds of lives at risk. Are you taking enough measures to make sure you’re not spreading the virus in your community? For reliable information on safety and precautions regarding Covid 19, visit @who I’m honored to be a part of the social leader project for creating awareness content, supported by @nationalbanklimited and the @ictdivision #CalmCovid19 #EducationOverFear #safeathome #istayhomefor #TogetheratHome #FlattentheCurve. Finally, please refer to https://bit.ly/WHOCovid19BD for more information!

    A post shared by MAYEESHA TASNEEM (@mayeeshatasneem) on

    インフルエンサーマーケティングエージェンシーのXomadは、フォロワーが10万人以下のナノインフルエンサーやマイクロインフルエンサーを活用するビジネスモデルを軸としています。CEOのPerryさんは、「フォロワーが少ないインフルエンサーはフォロワーと密にコミュニケーションを取り、フォロワーのことをよく理解しています。エンゲージメント率が高いのも特徴です。」 と話します。

    プロジェクトが開始されてから、インスタグラムとフェイスブックを通じて合計700万人以上のオーディエンスへのリーチに成功し、バングラデシュ国内の300を超える町や市にインフルエンサーのメッセージが届きました。

    プロジェクトに参加したMayeesha Tasneemさん( @mayeeshatasneem)は、インスタグラムに3万8,000人のフォロワーを持つインフルエンサーです。Tasneemさんのコンテンツには2,900件以上の「いいね!」が付き、エンゲージメント率は7.6%という高い水準になりました。

    Tasneemさんはコンテンツのキャプションで、「私は大切な家族のために家にいることを選択します。」と述べ、信頼できる情報源としてWHO(世界保健機関)のURLをシェアしました。

    米国でも同様のキャンペーンを開催

    View this post on Instagram

    No one is left behind. 🙌🏻 Yes, we are going through difficult times right now but we are here to support each other. Thank God we have social media to stay connected and create conversations that keep us really close! So please stay home, stay safe, stay healthy, and protect yourself and your community. 🏠 You have the power to do so! If you believe in the power of our community and staying connected, post a photo giving a hand to the people you know (go check #GlobalHighFive for inspiration on the photo), and make sure to use these hashtags (#CalmCovid19 #TogetherAtHome #GlobalHighFive) so I can see it too 🙂 @eldiegobravo, @dulcedagda, @yisethmendoza, would you join me? ⁠🙏🏼💕 .⁠ .⁠ Nadie se queda atrás. Sí, estamos pasando por un momento difícil pero estamos aquí para apoyarnos los unos a los otros. Afortunadamente tenemos las redes sociales para estar conectados y crear conversaciones que nos mantengan unidos. 🙌🏻💕Así que POR FAVOR quédate en casa para mantenerte saludable y seguro, mientras también proteges a tu comunidad. ¡Tienes el poder para hacerlo! Y si crees en el poder de nuestra comunidad y de la conección, publica también una foto como esta usando los hashtags #CalmCovid19 #TogetherAtHome #GlobalHighFive para poder verla 🙂 Yo nomino a mis amigos @eldiegobravo, @dulcedagda y @yisethmendoza para que se unan al reto⁠😁 .⁠ .⁠ .⁠ #Stayhome #StaySafe #StayHealthy #Latina #LatinaBlogger #LABlogger #HelpOthers #HelpEachOther #HereForYou #Caracas #Venezolana #CaliforniaGirl

    A post shared by Valentina Pérez 🌟 (@breakconvalen) on

    Xomadは、ロサンゼルス周辺を拠点に活動するインフルエンサーとタイアップし、米国カリフォルニア州でも同様のキャンペーンを開始しています。最初のキャンペーンは2020年4月の第一週に行われ、Xomadが支出して数百人のインフルエンサーにコンテンツを投稿してもらいました。キャンペーンは他の都市にも広がりつつあります。

    また、Xomad以外の米国のインフルエンサーマーケティングエージェンシーもコロナウイルス感染拡大防止に関連するキャンペーンを実施しています。ニューヨークを拠点とするインフルエンサーマーケティングエージェンシーの「Obviously」は、2020年3月にインスタグラムで #ObviouslyForGood というキャンペーンを実施しました。

    View this post on Instagram

    I hope you are all practicing self-care while looking forward to brighter days ahead. I know that this is a difficult and uncertain time and I just want to remind you all that you are never truly alone ❤️ • During these last few weeks of social distancing, social media has played such a huge role in keeping us connected. From Instagram Story challenges, to Instagram Live workouts, I have seen this online community coming together to foster a sense of hope and positivity while reminding all of us that we’re in this together 🌎 • As you guys know, I’m obsessed with all of these Instagram challenges and have asked you guys to tag me in as many as you can (except for the push-up challenge plz don’t tag me in those lol) • But now, I want to challenge you guys to virtually reach out to your friends and loved ones as well by posting a similar photo and using the hashtags #TogetherAtHome #CalmCovid19 and #GlobalHighFive • @arika, @thishanabee, and @makeuphuney will you accept this challenge?

    A post shared by f a b i ♡| Fashion & Lifestyle (@fabialamode) on

    ObviouslyのキャンペーンはWHOとの公式なパートナー提携ではありませんが、WHOから発信されている情報を共有することの大切さが強調されました。また、インフルエンサーたちはインスタグラムストーリーにもコンテンツを投稿し、World Central KitchenやFeeding AmericaなどのNPO団体や、赤十字社への寄付を呼びかけるための非営利ウェブサイトへのリンクを貼り、寄付を呼びかけました。

    ファッション・ライフスタイルインフルエンサーのfabiさん(@fabialamode)は、オーディエンスに対して彼女と同じポーズの写真を撮影して、#TogetherAtHome、#CalmCovid19、#GlobalHighFiveというハッシュタグを付けて写真を投稿することを呼びかけました。

    fabiさんはオンライン上で流行しているさまざまな「チャレンジ」に参加していることに触れ、今回のコンテンツで複数のインフルエンサーを指名し、「このチャレンジに参加してくれますか?」とメッセージを送りました。

    インフルエンサーマーケティングエージェンシー「Obviously」のCEOであるMae Karwowskiさんは、「ここ数か月の間に、多くのブランドやインフルエンサーからコロナウイルスの感染拡大防止のためのメッセージを発信したいという声がありました。しかし、発信された情報には間違ったものや誤った解釈によるものが数多くあり、WHOという確かな情報源を知ってもらうことが第一歩だと考えました。」と話しました。

    Obviouslyが企画したキャンペーンには300名近くのインフルエンサーが参加し、約200万人のオーディエンスへのリーチを獲得しました。

    今回のインフルエンサーマーケティングキャンペーンは企業とインフルエンサーのタイアップではなく、インフルエンサーマーケティング会社が自ら企画したものです。若年層にとってテレビや新聞よりも身近なソーシャルメディア上で、若年層に強い影響力を持つインフルエンサーを通じて情報を発信することで、素早く確実にメッセージを届けることができます。

    さらに、フォロワーが10万人以下のマイクロインフルエンサーと呼ばれる人々が今回のキャンペーンに大きく貢献しました。マイクロインフルエンサーはフォロワーに対して非常に強い影響力を持っており、複数のマイクロインフルエンサーと同時にタイアップすることによって効果の高いキャンペーン展開が期待できます。

    このように、インフルエンサーが社会に与える影響力は、企業の広告宣伝以外にも活かされているのです。

    おすすめ記事:【保存版】これさえ見ればわかるマイクロインフルエンサーのすべて

    【保存版】これさえ見ればわかるマイクロインフルエンサーのすべて



    さまざまなインフルエンサーが今の状況に合ったコンテンツを投稿

    現在、ソーシャルメディアは人々にとって身近な人と繋がりを保つための大切な手段になっています。また、ソーシャルメディアをエンターテイメントとして活用する人も増え、インフルエンサーもフォロワーを楽しませようと、普段とは異なるコンテンツを発信しています。 この章では、ストレスが溜まりやすい日常生活の中でほっと癒されるコンテンツを発信している4名のインフルエンサーを紹介します。

    料理インフルエンサーのMadeleine Oliviaさん

    View this post on Instagram

    Who else is struggling to get out of bed these days? I’m lucky if I’m up before 9, which is so unlike me. Who else is struggling to work from home? I’ve lost so much motivation to work and I’m usually a workaholic. Who else has lost their appetite one minute and the next is eating all the snacks you can find and having dessert after every meal? Who else feels not like themselves and as if they’re living in a dream? Who else feels guilty for enjoying moments of the slower pace because there is a worldwide crisis happening? Who else is struggling to follow any form of routine despite knowing how much this would help? Me me me. Let’s talk about how this is making us all feel, because it sure isn’t normal and it sure is tough. But we’re in it together and we’re all feeling these heightened emotions right now. 📷 @workbyali

    A post shared by Madeleine Olivia (@madeleineolivia) on

    ベジタリアン向けのレシピを紹介している料理インフルエンサーのMadeleine Oliviaさん(@madeleineolivia)は、インスタグラムに7万3,000人のフォロワーを持っています。Oliviaさんは料理のレシピだけではなく、以前から日常生活の一部を切り取ったコンテンツを発信しています。

    Oliviaさんはコンテンツを通じて、心の健康は身体の健康と同じくらい大切だということをオーディエンスに伝えています。愛犬や家族と過ごす何気ない日常生活の写真が見る人の心を癒してくれます。

    彼女はコンテンツのキャプションで、朝ベッドから起き上がるのが辛く、仕事へのモチベーションを失い、食生活が不規則になっていると述べ、「他に私と同じ状況の人はいますか?あなたの気持ちを話しましょう!」と呼びかけました。フォロワーを勇気づけようとするOliviaさんのコンテンツには、オーディエンスから多くのコメントが寄せらています。

    ファッションインフルエンサーのVerena Erinさん

    ファッションインフルエンサーのVerena Erinさん(@verenaerin)は、流行に左右されないファッションを意味する「カプセルワードローブ」に関する情報を発信しており、ナチュラルな雰囲気のコンテンツで人気を集めています。

    Erinさんはフォロワーに対して、この状況下で他の人のためにできることを考える大切さや、ウイルスに打ち勝つために人々が協力することの必要性を呼びかけています。ErinさんはYouTubeチャンネルも運営しており、ストレスや不安を解消する方法をオーディエンスに伝えています。

    医師で環境活動家のNatalie Davieさん

    View this post on Instagram

    A realistic zerowaste shop for this pandemic! One bulk store closed, the other I don’t feel I should go to as a potentially infected hospital worker, so just small city supermarkets to go to as infrequently as possible whilst surviving on my @oddboxldn for fresh produce. So what does our shop look like now? 🌱Prioritising shelf life, so lots more tins, jars, and frozen vegetables. 🌱Buying ingredients like flour to make bread to avoid other packaging. 🌱Buying in paper what I would buy at the bulk store, and then composting it. 🌱If that isn’t possible, choosing the best packaging possible – like plastic that has a zip-seal which can be reused. 🌱Ignoring “sell-by” dates, and buying reduced food when available to avoid waste. 🌱Buying planted herbs instead of cut, as they produce more over time. 🌱Prioritising fair trade whenever available! 🌱Accepting “less than ideal” options to reduce the risk of transmitting this illness (which ultimately causes more medical waste, and you know, death?!) How has your shopping changed during these past few weeks? #Zerowaste #zerowastelondon #zerowasteuk #zerowastehome #goingzerowaste #ourplanetourhome #zerowastecollective #plasticfree #plasticfreeliving #wastefreeplanet #refusereducereuserecycle #reducewhatyouproduce #zerowasteliving #choosetorefuse #refusesingleuseplastic #iamzerowastecommunity #zerowastechristian

    A post shared by Natalie Davies (@zerowastedoc) on

    イギリスの国営医療サービスであるNHSの医師で環境活動家でもあるNatalie Davieさんは、日常生活でなるべくゴミを出さないために実践している方法を紹介しています。最近のコンテンツでは、「医療従事者として潜在的なウイルス感染拡大を防ぐため、なるべく買い物に行く頻度を減らし、地元の小さなスーパーマーケットで買い物をしています。小さな店で買い物をすることは自営業の人々を支えることにも繋がります。」と述べています。

    ファッション・ライフスタイルインフルエンサーのMARTA CANGAさん

    View this post on Instagram

    I realise many of us are working from home, which means we need to get used to another rhythm and of course, setting new habits in this temporary situation. I have been getting used to working from home since September last year this is what I have learned: . . What I have found has really helped me is to still wake up early (7AM ish), try and stick to a 9-6 routine, get dressed (PJs are just for sleeping! Plus I kinda have to if I want to create any content!), have a 1h lunch break and to open the window some some fresh air when I’m stressed. ☀️ . . I also try as hard as possible to not check my phone after 9PM (even though I’m still working on that!) 📱 . . Guys, please stay home even though the UK is not on official lockdown. It’s not about you potentially getting the COVID-19, but about passing it to more vulnerable people. . . 📸 by the hubby @kenzomizumoto Post Inspired by @lilypebbles ✨

    A post shared by Marta Canga (@martacanga) on

    スペインとベルギーのバックグラウンドを持ち、ロンドンで生活しているファッション・ライフスタイルインフルエンサーのMarta Cangaさんは、インスタグラムに1万8,000人のフォロワーを持っています。Cangaさんは、家で仕事をすることに慣れていない人たちのために、決まったルーティンを持つことや早起きすることなど、生活リズムを整えるための具体的なアドバイスを発信しています。


    まとめ

    今回は、Xomadとバングラデシュ政府の取り組みを中心に、コロナウイルスの感染拡大を食い止めようと奮闘するインフルエンサー達の活動を紹介しました。

    インフルエンサーはソーシャルメディアを活用し、さまざまな形で現状を少しでも改善することを目指しています。また、多くのインフルエンサーがこれまでとは異なるテイストのコンテンツを作成しています。ほっと一息つきたい時にインスタグラムを覗いてみると、新たなインフルエンサーとの出会いが待っているかもしれません。

    参考:https://www.cnbc.com/2020/04/10/coronavirus-instagram-influencers-try-to-slow-covid-19-spread.html
    https://luxiders.com/sustainable-influencers-stayhome/

    Pocket