飲食店によるインフルエンサーマーケティング成功事例3選

Pocket

Instagramで「#food」と入力すると、さまざまなアングルやフィルターがかかった何百万枚もの写真が表示されます。そして#foodporn(5500万枚)、#instafood(4300万枚)、#foodgasm(1100万枚)など、この他にもフード関連のハッシュタグがたくさんあります。老若男女問わず誰しもが食べ物を食べるため、食品系の投稿が人気なのは驚くことではありません。したがってInstagramは、フードブランドや飲食店が注力して自社ブランドを広めるのに最適なプラットフォームです。

フード関連ジャンルのオーディエンスをフォロワーにし、毎日1つか2つの料理写真を投稿するとエンゲージメントが獲得できます。例えばパティスリーのオーナーであれば、ケーキを飾りつけているパティシエの動画をアップしたり、顧客がケーキを選んでいる写真を撮ってみるといいでしょう。また「テキストオーバーレイ機能」を使うと動画にタイトルやフレーズといった文字を簡単に入れられるため、製品と顧客を関連付けることもできます。写真や動画を華やかに彩ることで、オーディエンスをより惹き付けることが可能です。

今回は、Instagramを活用したインフルエンサーマーケティング戦略で成功を収めたレストランの事例を3つ紹介します。

目次

  1. ホテル内にあるレストラン「Springbone」の事例
  2. レストランチェーングループ「PEPE」の事例
  3. 「All Bar One」のブランチ売り上げ向上キャンペーン事例
  4. まとめ


  5. ホテル内にあるレストラン「Springbone」の事例

    成功したインフルエンサーマーケティングの一つ目は、マンハッタンのホテル「Spring kitchen」にあるレストラン「Springbone」の事例です。

    このホテルでは最近、顧客が大幅に増加しています。そのほとんどが「Springbone」のストロベリールバーブアイスクリームを購入することを目的としていました。

    ストロベリールバーブアイス目当てに顧客が押し寄せたキッカケは、Instagramに投稿された一枚の写真でした。

    言い換えれば、地元の食通のInstagramアカウントによる投稿が「Spring Kitchen」への新規顧客を急増させたことになります。Instagramは自社の商品を宣伝し、その商品やサービスに興味があると思われる何千人もの人々に見てもらうための新しい方法を生み出しました。インフルエンサーマーケティングは、この革命から生まれた最も効果的な方法の1つです。

    レストラン「Springbone」は、ニューヨークで大流行している「ボーンブロススープ」を作って宣伝するためにInstagramインフルエンサーとだけタイアップすることに焦点を当てたソーシャルメディアマーケティング戦略を練っていました。レストランはSam EcksteinさんとJordan Feldmanさんがオーナーであり、この2人はレストランの認知度向上のためにInstagramインフルエンサーの力を借りたかったのです。


    マイクロインフルエンサーとの親密なタイアップが効果的

    Instagramインフルエンサーは、数十万人ものフォロワーがいなくとも十分に効果的です。むしろ数千人ほどのフォロワーがいるマイクロインフルエンサーを適したキャンペーンでタイアップすれば、有名インフルエンサーよりも多くのエンゲージメントが得られます。

    インフルエンサーは、食べ物からファッション、そしてホームデザインまで、特定の分野や業界を専門としています。ほとんどのフードインフルエンサーはフードブロガーと密接に関係しています。フードインフルエンサーとフードブロガーは一緒になって、地元のレストランで個性的な料理や注目に値する料理を提供しているレストランを見つけ出し、照らし出します。

    「Springbone」の共同創設者Sam Ecksteinさんの主な目標は、料理に興味があるInstagramユーザーに自社レストランの料理を視覚的に美しく見せることによって、広く宣伝することでした。 2人のオーナーが魅力的な写真やフードビデオを作成し、レストランのInstagramに投稿した後、フード関連チャンネルに連絡して再投稿と共有を依頼しました。

    このようにフードチャンネルに既存のコンテンツを再投稿するよう依頼することにより、「Springbone」はタイアップしたインフルエンサーのオーディエンスを通して、より多くの露出を得ました。



    レストランチェーングループ「PEPE」の事例

    Pepe’s Restaurant Groupは、ソーシャルメディア戦略やインフルエンサーマーケティングキャンペーン、ブログアンバサダープログラムを通じて、マンハッタンに拠点を置く5つの自社レストランの宣伝と販売拡大のために「Belle Communication」というマーケティングチームを立ち上げました。このマーケティングチームはPEPEのオーナーと協力して、インフルエンサーのオーディエンスに5つそれぞれのレストランの個性を広めています。

    Belle Communicationチームはソーシャルメディア、ローカルビジネスレビューサイト「Yelp」そして公式Webサイトの写真を更新するため、プロの写真撮影会を企画しました。その後、チームはインフルエンサーキャンペーンやブログアンバサダープログラムを含むPRおよびソーシャルメディア戦略を策定しています。

    またマーケティングチームは、コンテンツの種類、フォロワー数、ターゲットとなるユーザー数が多い地域、レストランへの近さなどの基準に基づいて様々な調査を行った末に、適切なインフルエンサーの特定に成功しました。

    PEPEのマーケティングチームはキャンペーン開始後、最初の10日間で12人のインフルエンサーにレストランを訪問してもらい、その様子がソーシャルメディアニュースで取り上げられています。

    6か月間に渡るキャンペーンの全体的な結果は次のとおりです。

    ・45人のインフルエンサーがレストランを訪問

    ・投稿に450万インプレッション

    ・6万6,500件以上のいいねやコメント

    ・1回の投稿あたり平均2,000以上のエンゲージメント

    さらに、PEPEで開催された「プログレッシブディナー」というパーティーには22人のインフルエンサーが集まり、このイベントに関する投稿は1万8,734件のいいねやコメントを獲得し、合計659,447人のオーディエンスにリーチできました。



    「All Bar One」のブランチ売り上げ向上キャンペーン事例

    英国のバー&レストランチェーン「All Bar One」は、インフルエンサーマーケティング企業と協力してマイクロインフルエンサーとタイアップし、ブランチの売り上げを伸ばしました。

    #Brunchie(ブランチ)を投稿に使用したインフルエンサーマーケティングキャンペーンを開始した「All Bar One」は、ソーシャル広告やユーザーのエンゲージメントを奨励するとともに、女性のフードインスタグラマーをターゲットにしました。

    同社のキャンペーンでタイアップしたのは、合計25万人以上のフォロワーを持つ25〜39歳の10人の女性マイクロインフルエンサーでした。彼女たちはそれぞれ、All Bar Oneで友達とブランチを楽しんでいる魅力的な写真を作成し、その後ハッシュタグ#Brunchieを使用してそれぞれのInstagramのチャンネルで共有しています。

    インフルエンサーのアプローチを通じて「All Bar One」は175,000のビューと多数のいいねやコメントを生み出し、キャンペーン開始前に比べてエンゲージメントが63%向上しました。

    「All Bar One」のマーケティングマネージャであるMichael Duffyさんは、次のように述べています。

    「ソーシャルメディアでは、#Brunch、#Brunchie、および#Brunchingのハッシュタグを使用して、Instagramの投稿でエンゲージメントが594%増加しました。また、協力を依頼したインフルエンサーマーケティング企業が作成した画像を使用してFacebook、Twitter、Instagramに投稿したことでエンゲージメント率が63%も増加したのには驚きを隠せません。」

    全国に約50店舗もの拠点を持つこのレストランブランドでは、上記のようにプロによって調整されたソーシャルメディアキャンペーンを始動したことで、たったの一か月間で28%の顧客の増加が見られました。



    まとめ

    今回はレストランブランドのインフルエンサーマーケティングについての事例を3つ紹介しました。

    食べ物を食べに行くということは、経験を買いに行くことと同じです。Instagramで自社の飲食店を宣伝するなら「写真に撮りたい!」と思わせる工夫が必要です。

    例えば、

    ・流行りの食べ物や飲み物をメニューに追加

    ・インスタ映えするメニューを考案

    ・顧客が自分で写真を撮ることができるスペースを用意

    ・店内をおしゃれに改装

    上記のようにターゲットとするユーザーに適用するような戦略を考えましょう。

    事例では「フーディ」と呼ばれる食通やミレニアル世代をターゲットとして、フードインフルエンサーやローカルインフルエンサーとタイアップしていました。自社の店舗がある地域に合ったオーディエンスと、その地域に住むフォロワーを持つインフルエンサーを選定することが重要です。

    レストランやカフェといった飲食店によるインフルエンサーマーケティングの取り組み方については、以下の記事をご確認ください。

    おすすめ記事:レストランやカフェのためのインフルエンサーマーケティング活用方法【前編】


    参考:https://starngage.com/instagram-case-studies-food-beverage/
    https://socialpros.co/restaurant-influencer-marketing-case-studies
    https://bellecommunication.com/case-study-pepes-restaurant-influencer-marketing/
    https://mobilemarketingmagazine.com/case-study-all-bar-one-brunch-sales-influencer-marketing-takumi-wpr

    Pocket