「ドッグインフルエンサー」を起用したDyson社のキャンペーン事例

Pocket

ソーシャルメディアインフルエンサーの成長はここ数年で急激に加速してきましたが、インフルエンサーマーケティングにおいて需要があるのは人間だけではありません。犬や猫といったかわいいペットたちは、マーケティング担当者にとってますます価値のある「タイアップ相手」となり、ペットインフルエンサーの内の何匹もが1投稿で数千ドルもの利益を生み出しています。

Google社から20th Century Fox社といった幅広いブランドが、ペットインフルエンサーとタイアップして彼らの影響力を利用してきました。ペットインフルエンサーは普遍的に愛されており、過激な意見を発信して問題を起こす可能性が低いため、ペットに魅了されているオーディエンスをターゲットにする企業は少なくありません。

今回は、Dyson社が新製品であるサイクロン掃除機「V10」の宣伝のため行った、ドッグインフルエンサーマーケティングキャンペーン事例を4つご紹介します。

 

目次

    1. インフルエンサーマーケティングキャンペーンの特徴
    2. ゴールとタイアップ内容
    3. キャンペーン概要
    4. 25の投稿を分析した結果
    5. ポメラニアンの「Mochi」はドライヤーの広告をますますいいものに
    6. ダイソンアンバサダーを発表するのは「Izzy The Frenchie」
    7. 「Chewie」がフォロワーにV10をご紹介!
    8. 「Helmut The Pug」のビデオ広告
    9. まとめ

インフルエンサーマーケティングキャンペーンの特徴

Dyson社のブランディングでは過去に犬のインフルエンサーとタイアップしていましたが、そのペットインフルエンサーキャンペーンは主に「遊び心のあるトーン」が特徴でした。Dyson社は、ペットの飼い主が直接心を動かされるランディングページを提供しているブランドであるため、ペットインフルエンサーの起用はその戦略へ自然になじんでいます。これは、避けられないペットの抜け毛やその他の雑菌の処理などを簡単にする掃除機として、Dyson社が自社製品を販売しているからでしょう。

Instagramのユーザーが10億を超える急上昇を見せているため、Dyson社は特にペットを飼っている消費者をターゲットにして、ペットによるユーモラスな自社広告を広めたいと考えています。

おすすめ記事:ドッグインフルエンサーマーケティングはペットブランドにしか有効でないのか?

ゴールとタイアップ内容

ゴール ・「ペットの飼い主に適した製品の提供者」として、Dyson社の認識を高める ・Dyson社とペットの飼い主との間のブランドアフィニティを作り出し、改善する ・Instagramのオーディエンス間で積極的なソーシャルメディアエンゲージメントを​​生み出す

アプローチ チャンネル:Instagram

インフルエンサー:ペットとペットの飼い主

Dyson社がタイアップしたペットインフルエンサー: Little Leo The Morkie – 15万9000フォロワー Aqua The Corgi – 14万1000フォロワー Izzy The Frenchie – 12万5000フォロワー Forrest and Jameson – 70600フォロワー Fish & Chips – 59600フォロワー

キャンペーン概要

この事例は、2018年の3月から11月までに行われたDyson社のInstagramインフルエンサーキャンペーンです。Dyson社は、マイクロインフルエンサー(1万~5万フォロワー)とミッドティアインフルエンサー(5万~50万フォロワー)を含む一連の人気インフルエンサーとタイアップしました。

このキャンペーンではほぼすべての投稿に犬のインフルエンサーが写っており、ペットの世話をした後の清掃におけるDyson社製品の有効性がコンテンツのテーマとなっているスポンサードポストは、コメディー要素あふれる明るい口調で作成されており、ペットインフルエンサーはコンテンツの中でDyson社製品への満足感を表現しました。

ハッシュタグ#DysonPetsと#DysonV10はキャンペーンのあいだ中、一貫して投稿に使用されていました。そして「自身が汚した後始末に対するペットインフルエンサーの気持ち」を代弁するような個別の説明を書くことによって、各インフルエンサー独自のクリエイティビティを表現しました。

25の投稿を分析した結果

ソーシャルリーチ Instagram:1,278,630人にリーチ

エンゲージメント いいね:115,176件 コメント:1,935件 平均エンゲージメント率:10.78%

ポメラニアンの「Mochi」はドライヤーの広告をますますいいものに

    1. https://www.instagram.com/p/BqBHWaYHqt6/?utm_source=ig_embed

ポメラニアンのナノインフルエンサー「Mochi」は、Dyson社がタイアップした中で最小のインフルエンサーで、2,600人弱のフォロワーを持っています。Mochiの飼い主は通常、Mochiに可愛らしい衣装を着せています。

Mochiの飼い主の投稿では、MochiがDyson社のヘアドライヤーの隣に座っているのを紹介していて、お風呂の時間やうるさいヘアドライヤーが気に入らないペットを飼っている人に対してこの製品を勧めています。この投稿はスポンサードポストではありませんでしたが、Mochiのオーディエンスは明らかにDyson社のブランドハッシュタグ#DysonPetsに注目していました。

この投稿は216件のいいねと5件のコメントを獲得し、8.6%の素晴らしいエンゲージメント率を記録しています。

ダイソンアンバサダーを発表するのは「Izzy The Frenchie」

フレンチブルドッグのIzzy The Frenchieは、12万5,000人以上のフォロワーを擁するミッドティアインフルエンサーです。Izzyのページへの投稿は通常このドッグインフルエンサーのファッションとウィットに富んだユーモアが紹介されています。

ペットコンテストの前の11月中旬に、Izzyはマッチした衣装を着用してDyson社の掃除機の箱の上で「ダイソンアンバサダー」を発表しているパフォーマンスの投稿と共に、3つのスポンサードポストをアップロードしました。

この投稿は5,455件のいいねと137件のコメントを集め、4.47%のエンゲージメント率を獲得しています。

「Chewie」がフォロワーにV10をご紹介!

    1. https://www.instagram.com/p/BqQwcGlgjVb/?utm_source=ig_embed

Chewieは、Instagramで8万人以上のフォロワーを持つポメラニアンの人気マイクロインフルエンサーです。Chewieには他にいくつものスポンサーシップがあり、おしゃれをしている写真や旅行の様子がコンテンツの大部分を占めています。

上記のIzzy The Frenchieと同じく、ペットコンテスト前の11月にChewieはスポンサードポストを3つ投稿しています。それぞれのスポンサードポストは短くててきぱきとしたテキストと#DysonPetsタグを使用しており、V10の横でポーズをとっているChewieの写真が載せられていました。

9,206件のいいねと434件のコメントを記録したこの投稿は、12.1%というエンゲージメント率を得ています。

「Helmut The Pug」のビデオ広告

    1. https://www.instagram.com/p/Bl-PtR2g1XP/?utm_source=ig_embed

パグの「Helmut」は、3万人以上のフォロワーを持つマイクロインフルエンサーです。このドッグインフルエンサーのInstagramアカウントは、時に社会的で、スタイリッシュで、皮肉めいた面白い衣装を身に着けたHelmutの眠そうな表情が特徴的です。

Dyson社とタイアップしたスポンサードポストでは、Helmutがうつぶせで寝転んでいる同じ形に彼の抜け毛を置いて、それを瞬く間に吸い取るV10に驚く様子を映した動画が投稿されました。

この投稿は8月にアップロードされ、50,000件以上の視聴回数を獲得しています。エンゲージメント率は10.8%におよび、3,287件のいいねと122件のコメントがありました。

まとめ

今回はDyson社によるドッグインフルエンサーとのインフルエンサーマーケティングキャンペーンについて紹介しました。

同社のブランディングでは、ナノ、マイクロ、ミッドティアインフルエンサーなど様々なインフルエンサー層を活用し、大きな成果を生み出しています。タイアップしたドッグインフルエンサーたちは自身の投稿に個人的なメッセージを組み込み、それぞれの個性と魅力を強調したコンテンツを作成しました。

Instagramに登場する犬は、他の犬やペットの飼い主との積極的な関わりを生み出す傾向にあるため、Dyson社がタイアップ相手として狙っていた主要なインフルエンサーです。軽快でコメディー要素あふれるトーンがほとんどの投稿で共通のテーマとなっており、インフルエンサーが使用するブランドタグは一貫していました。

今回の事例からもわかるように、タイアップするリスクの少ないペットインフルエンサーという存在は今後ますます勢いを伸ばし、インフルエンサーマーケティングの中でより一層の地位を獲得するようになるでしょう。

 

参考:http://mediakix.com/2019/01/dyson-pets-influencer-marketing-case-study-instagram/#gs.a4m9p4

Pocket