ファッションインフルエンサーがインスタグラムを選ぶ4つの理由

Pocket

ファッションインフルエンサーは、なぜInstagramをメインプラットフォームとして使用する傾向にあるのでしょうか?ファッションインフルエンサーとは、美容やファッションブランド、メイクや服飾など、おしゃれに対して敏感だったり、または、有名人よりも手の届きやすい距離にいる「美容のプロ」という位置づけで、Instagramユーザーのあこがれの対象となるジャンルのインフルエンサーです。

ファッションインフルエンサーたちは、ファッションブロガーであったりメイクアップアーティスト、服飾やジュエリーブランドのスタッフや美容師など、ファッション関連の職業についている人が多く、投稿に信憑性があるため人気を誇っています。

なぜInstagramは、生活の中に入り込みやすいSNSとして魅力的なのでしょうか。

答えは、
・空いた時間の中で少しスクロールするだけでインスタグラマーの日常を見ることができる
・ファッションやメイクのハウツーを知ることができる
・自身も簡単に投稿できる
この手軽さから、Instagramは現在1日4億人のアクティブユーザーと月間7億人のアクティブユーザーが存在します。

今回は、ファッションインフルエンサーがInstagramを使用する4つの主な理由をご紹介します。

目次

  1. 理由1.使いやすいシンプルなフォーマット、レイアウト
  2. 理由2.美的感覚に特化している
  3. 理由3.個人重視のアカウントを作成できる
  4. 理由4.ビジネスに関連付けやすい
  5. まとめ


  6. 理由1.使いやすいシンプルなフォーマット、レイアウト

    Instagramはシンプルなレイアウトとコミュニケーションのしやすさから、誰もが簡単に素敵な投稿をする写真家になることができます。

    ファッションインフルエンサーのJULIE SARIÑANA(@sincerelyjules)さんやANDY TORRESさん(@stylescrapbook)、そしてKim Kardashianさんのような著名人まで、あらゆるスタイルで天才と呼ばれる才能を持った人々は、個人のアカウントを通して自分自身のユニークなオーラをアピールしています。

    現時点で日々の服、旅行やレジャー、そしてお気に入りのトレンドの投稿が膨大な人気を誇っているため、上記のようなインフルエンサーたちはデジタル世界においてファッションジャンルのトップ層にいます。Instagramを使えば、自分の写真を自分好みに編集して、キャプションや絵文字を付けて投稿することができます。

    それに加えてInstagramは、2年ほど前にInstagram Stories(ストーリー機能)を立ち上げました。
    ストーリー機能とは、複数の写真や動画を組み合わせてスライドショーを作る機能です。このスライドショーは24時間ごとに削除されてしまうため、投稿数を気にすることなく投稿できます。ストーリー機能はその手軽さから、始まって以来、インフルエンサーではない一般のユーザーにも人気を博しています。

    Instagramのストーリーを通じて、インフルエンサーはリアルタイムの服装を段階的に投稿したり、自分がどこにいて何をしているのかというアクションビデオを掲載することもできます。ターゲットオーディエンスにマッチしたハイセンスなストーリーを投稿できれば、リーチを広げるために非常に便利な方法となるでしょう。



    理由2.美的感覚に特化している

    21世紀における2つの主要なソーシャルメディアプラットフォーム、InstagramとFacebookを比較してみましょう。Facebookは主に家族同士のつながりが投稿されることが多いため、すべての人にとってパブリックフリーに見えますが、Instagramはトレンディでセンス重視の部分が際立っています。

    Facebookは、フレンド全員が見ることができる写真やビデオを複数投稿できる点で人気があります。年齢層が上がるにつれてFacebookを使う傾向が強まり、「この人と一緒にこの場所に行きました。そこで、こんな素敵な写真を撮りましたよ」と言ったように経験を簡単に共有できます。例えば、おじいちゃんやおばあちゃんでも子どもや孫が何をしていたのか見ることが可能な上に、少し慣れれば自身のレジャーの様子も投稿できる便利なツールとして使えます。

    一方で、Instagramはユーザーが撮った素晴らしい写真を見せるためのSNSです。ファッションインフルエンサーとして考えると、Facebookのためにその日のフォトセットを取っておくよりも、Instagramに写真を投稿するほうが最適です。
    フォトジェニックとインスタグラムを組み合わせた「インスタジェニック」という言葉も流行ったように、Instagramを見る側も「おしゃれな写真」を期待してアプリケーションを開くため、需要が高くなっています。



    理由3.個人重視のアカウントを作成できる

    Instagramの特徴は、ほかのSNSと違って、自分自身を紹介して写真で存分にアピールするためのツールとして「Instagramアカウント」を使用する人がほとんど、という点です。

    自己紹介欄(Bio)とグリッド投稿のフォトセットを使えば、プロフィールをちらっと見るだけで、その人物がどんな人であるかを知ることができます。グリッド(grid)とは分割という意味で、1枚の写真を複数に分割して投稿することでプロフィール画面でよく大きくおしゃれに写真を見せることができます。

    これはインフルエンサーにとって重要な事項であり、このプロフィール画面を工夫することによって、オーディエンスに対してより魅力的に見せることができます。



    理由4.ビジネスに関連付けやすい

    ファッションインフルエンサーがInstagramを使う最も重要な理由の一つとして、「報酬をもらうことができる」というポイントがあります。魅力的なインフルエンサーなら自身の日常生活について投稿するだけで、お金を支払ってもらうことができるのです。

    ファッションインフルエンサーは、およそ10,000人から500,000人に及ぶアクティブなフォロワーを持っていることが多いです。そのような大勢のオーディエンスがいることで、まずブランドはインフルエンサーがフォロワーに影響を与えられることを確認できます。

    その影響とは単に商品やサービスに興味を持たせるだけでなく、購買にまで至ることも多々あるため、ブランド側はインフルエンサーとのタイアップ戦略を常に練っておく必要があるのです。

    ファッションインフルエンサーの助けを借りて新しい商品や製品を販売したいと考えるブランドは数多くありますが、ファッションインフルエンサーは日常生活では「ファッションブロガー」です。最近の研究では、インフルエンサーが販売を支援したすべての製品について、販売に対して最大7%から10%の手数料を設定できることもわかっています。



    まとめ

    今の時代、自分の指先ひとつで欲しいものは何でも検索することができ、自身のアイデアや意見を自由に表現することができます。一般的に、ソーシャルメディアは日常生活の中で自分自身をアピールできる楽しい方法であることが知られています。

    Instagramは、世界でも有​​数のソーシャルメディアプラットフォームの1つで、2010年に開始された時からずっと成長してきました。インフルエンサーマーケティングの場合、Instagramはブランドとインフルエンサーを結び付けるための優れたツールであり、あらゆるジャンルに渡って最大のエンゲージメントとリーチを得られるプラットフォームです。

    注意すべきこととして、タイアップしているファッションインフルエンサーのフォロワー数が多いほど、広告費用が多めにかかる可能性が高いです。

    しかし、ファッションインフルエンサーの投稿は時に、商品の購入に十分な影響を与えます。ブランドはインフルエンサーに「この新製品の写真を投稿してください!そしてブランドの名前が広がるようにハッシュタグ付けしてください!」と頼むことで、インフルエンサーのフォロワーにアピールすることが可能です。

    企業はインフルエンサーマーケティングにかけられる費用はもちろん、インフルエンサーと自社ブランドの相性も考えて、タイアップするインフルエンサーを選ぶことが重要なポイントとなるでしょう。


    参考:https://blog.hoopygang.com/newspress/fashion-influencers-instagram
    https://www.statista.com/statistics/253577/number-of-monthly-active-instagram-users/

    Pocket