2019年の最新トレンド「ゲームインフルエンサー」とは?

Pocket

今日では、ほとんどの人が誰でも一度は自分のモバイルまたはコンピュータデバイスにゲームをインストールしてプレイしています。アクションゲーム、パズルゲーム、教育ゲーム、シミュレーションゲームなど様々なジャンルがありますが、ゲーム業界は老若男女とわず継続的に人気の趣味です。このことからも、ゲームインフルエンサーマーケティングに投資することは、2019年に向けてブランドが念頭に置いておくべきトレンドの1つです。

なぜゲームインフルエンサーマーケティングは大流行なのでしょうか?
ゲーム業界は、携帯情報端末(スマートフォンやタブレット端末)のエンターテインメント事業部門を急速に席巻しており、減速の兆しは見られません。この統計は、ブランドが2019年にゲームインフルエンサーマーケティングに投資すべき理由について説得力をもたらしています。

今回は、ゲームインフルエンサーマーケティングへの投資が理にかなっている理由を、3大ゲーミングプラットフォームと併せて紹介します。

また、この記事の後編として、インスタグラムのフォロワー数トップ10の有名ゲームインフルエンサーごとに、どのようにブランドとタイアップしたかの10事例も、下記の記事で詳しく説明します。

おすすめ記事:インスタグラムにおけるトップゲームインフルエンサーのタイアップ事例10選

Instagramにおけるトップゲームインフルエンサーのタイアップ事例10選

目次

  1. 2017年のモバイルゲームの世界収益は、504億ドル
  2. 米国人の約67%が少なくとも1つのデバイスでゲームをプレイしている
  3. ゲームインフルエンサーのためのプラットフォームトップ3
  4. Twitch TV
  5. YouTube Gaming
  6. Mixer
  7. まとめ


  8. 2017年のモバイルゲームの世界収益は、504億ドル

    ゲームが子供の娯楽や大人のダウンタイムの趣味だった時代は終わりました。ゲーム業界は急成長を遂げており、毎年数十億ドルもの収益を上げています。さらに、ゲームインフルエンサーが増加している2019年は、ブランドがゲームインフルエンサーとタイアップし、その忠実なフォロワーを活用するチャンスの年です。ゲームインフルエンサーマーケティングが収益をあげている流れをさらに詳しく見てみましょう。

    2017年に、東芝の統計解析ソフトウェア「Statistica」はモバイルゲームの収益が合計406億ドルにのぼることを予測しました。しかし2017年末までに、その総収入は504億ドルにまで達しました。これは予想の約24%上回った数字です。また2016年の統計でも、モバイルゲームの予想収益は350億ドルでしたが、実際の収益は16%増の406億ドルでした。

    ゲームおよびeスポーツ系調査会社「Newzoo」によれば、消費者向けゲームのうち、モバイルゲームが最大の収益源であり、コンシューマーゲーム(家庭用ゲーム機を使用したゲーム)とPCゲームがそれに続きます。推定によると2018年の総売上高は1,379億ドルですが、スマートフォンのみでの売上高だけで564億ドルを占めています。

    米国人の約67%が少なくとも1つのデバイスでゲームをプレイしている

    「The Electronic Entertainment Design and Research社」が行った最近の研究では、米国の総人口である約2億1,100万人が、少なくとも1つのタイプのデバイス(モバイル、タブレット、家庭用ゲーム機、PCなど)でビデオゲームをプレイしています。さらに、18〜35歳の米国のゲーマーは、毎日最短でも48分をゲームに費やしています。

    無料のスマートフォンアプリゲームをしていると必ず広告が表示されますが、「1日平均48分ほどゲームをする人が、一生の間にさまざまな製品の広告を合計2.63年間分も見ていることになる」という調査結果が出ています。

    また、すべてのゲーマーが若い男性というわけではありません。東芝の統計解析ソフトウェア「Statistica」の最近のデータによると、2006年から2018年にかけて女性ゲーマーの総人口は、7%増加しています。さらに「Newzoo」の調査データでは、女性ゲーマーの大部分が21歳から50歳の間であることを付け加えています。

    ゲームはジェネレーションX世代とミレニアル世代の人口が多くなっています。これは、ゲームインフルエンサーマーケティングに投資するブランドにとって大きな意味を持つ調査結果です。

    ゲームインフルエンサーのためのプラットフォームトップ3

    ブランドを宣伝するためにゲーマーとタイアップする準備ができたら、次は「どこでタイアップするインフルエンサーを見つけるか」が重要になってきます。

    世界中のゲーマーはさまざまなプラットフォームを使用して接続しますが、最も人気のあるのは「Twitch」と「YouTube」です。さらに、Microsoft社のゲームプラットフォームである「Mixer」が競合サイトとして、このゲーム市場に加わっています。

    ゲームインフルエンサーは通常、自分のゲームスケジュールをプロフィールに表示します。それとは別に、彼らはまた追加のプロモーションやネットワーキングのためのソーシャルメディアアカウント(主にインスタグラムとツイッター)を運営しています。したがって、3つのプラットフォームを頻繁にフォローして、ソーシャルメディアでゲーマーをチェックし、だれが適しているかを確認することが、ゲームインフルエンサーを活用するのに最適な方法です。

    これら3つの最も人気のあるゲームプラットフォームの概要を以下で紹介します。

    1.Twitch TV

    「Twitch TV」は2011年に設立されたゲームプラットフォームで、2014年にAmazonによって約10億ドルで買収されました。Twitch TVは、ゲーマーたちが自身のスクリーンをライブストリーミング(放送)して互いに競い合う、オンラインゲームコミュニティです。このプラットフォームにより、ゲーマーのオーディエンスは指定されたチャットルームを介してゲーマーと対話することができます。

    毎月200万人を超えるユニークビジターが存在するTwitch TVは、ビデオゲームの主要プラットフォームです。ゲーマーは、「Twitch Affiliates and Partnerプログラム」を通じて、Twitch TVでお金を稼いでいます。このプログラムはゲーマーの仲介となって、寄付や広告設置、有料購読、スポンサーシップなどで報酬を得ることを可能にしています。

    Twitchで有名なゲームインフルエンサーは、Ninjaさん、Bungieさん、およびLegendaryLeaさんたちです。彼らの週収入はなんと、1000ドルから18000ドルにものぼります。

    Live Channelsカテゴリに移動するか、手動で特定のゲームのタイトルやシリーズを検索することで、Twitchでゲームインフルエンサーを簡単に見つけることができます。さらに、Twitchはゲーマーの情報を利用して、インフルエンサーを探しているブランドに適したライブストリーミングをおすすめしてくれます。

    おすすめ記事:チョコレートブランドがゲームインフルエンサーとタイアップして莫大なリーチを獲得した事例

    https://lmnd.jp/blog/hersheys-influencer-marketing-case-studies-with-game-influencers

    2. YouTube Gaming

    2015年に、Googleによって作成された「YouTube Gaming」は月におよそ30万人ものユニークビジターを集めています。YouTube Gamingは「YouTube」に似たサイトですが、ライブビデオゲームのストリーミングに焦点を合わせて設計されているゲーム動画専用プラットフォームです。またこのサイトは、インフルエンサーを見つけるための簡単で便利な機能があります。

    YouTube Gamingで最も人気のあるインフルエンサーは、Pewdiepieさん、iHasCupquakeさん、SSSniperWolfさんなどです。

    YouTube Gamingがゲーミングプラットフォーム分野でその名をとどろかせている一方でGoogleは、2019年3月にYouTube Gamingが「YoutTube」と統合することを発表しました。YouTube Gamingという名前は消滅しますが、オーディエンスをYouTubeに集中させる目的があり、ゲームジャンル内で視聴数を減少させることはないでしょう。

    3.Mixer

    「Mixer」は2016年に発表され、その年の後半にはMicrosoft社によって買収されました。Mixerは、Microsoftプラットフォームと完全に統合されたため、主にWindows 10とXboxを使用しているゲーマーに人気があります。

    Mixerで最も人気のあるゲーマーは、Robeyonekenobiさん、QueenofArtさん、およびxSHEWULFxさんです。

    新しいゲーミングプラットフォームであるMixerは、Twitch TVやYouTubeに比べてユーザー数や視聴者数が少ないため、混雑しすぎることがあまりありません。このサイトは現在、ゲーマーやインフルエンサーを見つけやすくし、より便利なライブストリーミング視聴やコミュニティ体験を提供するための機能を開発中です。

    まとめ

    何十億もの収益を生み出すゲーム、ゲームをエンターテインメントとして好んでいる人々、そしてゲーマーの人口統計を考慮すると、2019年はマーケティング担当者がゲームインフルエンサーやゲーム広告に関する戦略を練るべき年になりそうです。

    ターゲット市場でフォロワーを獲得しているゲーマーの中でも、特に家庭内で重要な購買意思決定者であり、可処分所得を持つフォロワーがいるゲームインフルエンサーとのタイアップ、もしくはブランドアンバサダーパートナーシップの構築が重要です。つまり、自身の収入で生活している大人や、子どもがいる家庭ならお父さんお母さん世代のフォロワーを持つゲーマーとのインフルエンサーマーケティングを行うこともポイントになってきます。

    また、今日ミレニアル世代とジェネレーションZ世代のほとんどがモバイルゲームアプリを使用しているようですが、この世代をターゲットに最高のゲームインフルエンサーマーケティング戦略を設定することも、ブランドの大きな利益に確実につながるといえるでしょう。

    今回の記事の後編として、上記にあげたゲーミングプラットフォームでも有名なゲーマーであり、Instagramのフォロワー数トップ10に入るゲームインフルエンサーのブランドタイアップ事例10選もありますので、あわせてご確認ください。

    おすすめ記事:eスポーツインフルエンサーマーケティングにおける注意点【前編】

    eスポーツインフルエンサーマーケティングにおける注意点【前編】

    参考:https://forwardinfluence.com/why-your-brand-should-invest-in-gaming-influencer-marketing-in-2019/

    Pocket