Hilton社による不思議な7都市をめぐるトラベルインフルエンサーキャンペーンとは?

Pocket

今日の洗練されたソーシャルメディア界で人気のホテルやリゾートは、ユーザーが訪れた経験を披露しやすいようなおしゃれな見た目になっています。同様にホテル業界のようなホスピタリティブランドはアメニティにも力を入れており、より多くのフォロワーや顧客を惹きつけるための手段としてインフルエンサーマーケティングにも投資しています。

そのソーシャルメディアとインフルエンサーキャンペーンが評価され、一流ホテルブランドである「Hilton社」のマーケティング戦略は競争の激しい分野で成功することができました。同社の主力ブランドである「Hilton Hotels&Resorts」の公式アカウントは26万7000人のフォロワーを持っており、ホスピタリティ業界で最も人気のあるInstagramアカウントの1つです。

今回はHilton社によるトラベルインフルエンサーとのタイアップ事例とそのキャンペーン概要、結果について詳しく紹介します。

目次

  1. 7人のトップトラベルインフルエンサーがHilton社とタイアップして#SevenUrbanWondersを発足
  2. キャンペーン概要
  3. タイアップしたインフルエンサー
  4. 合計15のスポンサードコンテンツから分析した結果
  5. Junell Cornejoさんはビデオ撮影技術でオーディエンスを魅了
  6. Alixe Layさんがアイコニックなビューをキャプチャ
  7. Guillermo Zambranoさんはルーヴル美術館の建築様式を撮影
  8. まとめ


  9. 7人のトップトラベルインフルエンサーがHilton社とタイアップして#SevenUrbanWondersを発足

    創業100周年を迎えるHilton社は、その革新的なマーケティング戦略がリゾートブランドの域を超えてマーケティングキャンペーンにも拡大していることから、ホスピタリティ業界のパイオニアとしてブランドを位置付けています。

    Hilton社は、2018年10月8日に「Seven Urban Wonders of the World(世界の7都市の不思議)」というキャンペーンの開始を発表しました。このキャンペーンでHilton社は、合計350万人以上のオーディエンスを擁する様々なソーシャルメディアインフルエンサーを通じて、大都会の人気7都市を訪れてもらいました。ここから得た情報は、同社の技術パートナーである「LikeWhere社」によって旅行者の好みや「料理、文化、建築、多様性、インスタグラム性」などの他のデータと比較、分析されています。

    Hilton社のような人気のホテルブランドは、フォロワーを世界中に連れて行けるようなコンテンツを作成するトラベルインフルエンサーから多くのいいねやコメントを集めています。インフルエンサーマーケティングが「はじめれば成功する」わけではないことを今日のホテルブランドも学んでいるため、キャンペーンを開始するまでには綿密な計画が練られています。



    キャンペーン概要

    選ばれた7つの大都市

    1.ルーブル、アブダビ

    2.シドニーオペラハウス、シドニー

    3.築地魚市場、東京

    4.カムデンマーケット、ロンドン

    5.外灘、上海

    6.テンプルストリートナイトマーケット、香港

    7.アルベルティーナ、ウィーン

    ゴール

    ・新しく「Seven Urban Wonders of the World(世界の7都市の不思議)」を明らかにすること

    ・世界各地でヒルトンホテルズ&リゾートを宣伝すること

    チャネル – Instagram



    タイアップしたインフルエンサー

    Hilton社は今回のキャンペーンで、主にマイクロインフルエンサーやミドルティアインフルエンサーを含む、世界中のトラベルインフルエンサーとタイアップを決定しています。

    タイアップした7人

    @doyoutravel – 230万フォロワー

    @tschang – 9万9900フォロワー

    @shackette – 9万1000フォロワー

    @lindaberlin – 8万3900フォロワー

    @alixelay – 5万5300フォロワー

    @the_profashional – 4万8800フォロワー

    @heymemozam – 4万1400フォロワー

    Hilton社はタイアップしたトラベルインフルエンサーたちと7都市のリストを宣伝しました。ソーシャルメディアで成長しているカテゴリとして、ホスピタリティブランドが様々なメッセージとキャンペーンを使ってターゲットオーディエンスにリーチするのをトラベルインフルエンサーたちは手助けしてます。



    合計15のスポンサードコンテンツから分析した結果

    ソーシャルリーチ:2,720,000人

    エンゲージメント

    ・いいね:110,302
    ・コメント:1,892
    ・全体の平均エンゲージメント率:4.62%

    コンテンツテーマ

    7人のインフルエンサーは、それぞれ少なくとも2つのInstagramポストを投稿しました。「Seven Urban Wonders of the World」のコンテンツには、ヒルトンホテルの屋内と屋外のロケーション、客室とスイートルームを含む写真や動画が含まれています。

    また、15のスポンサードコンテンツそれぞれには@hiltonhotels、#SevenUrbanWonders、#RightHereというハッシュタグが付けられていました。



    Junell Cornejoさんはビデオ撮影技術でオーディエンスを魅了

    旅行写真家Junell Cornejoさんのポートフォリオは、バリからバイエルンに至るまでの豪華なグローバルロケーションでいっぱいです。Cornejoさんは、Seven Urban Wondersの中の最高パフォーマンスの記事で、アラブ首長国連邦のSharjahの環境、建築、お店の素晴らしいビデオを公開しました。

    ドバイを拠点とする写真家であるCornejoさんはキャプションの中で、彼の9万1千人のフォロワーに「ヒルトンホテルがthe Seven Urban Wonders studyにリストインされているAl Noor島を見つけるのを助けてくれた」と説明しました。

    Cornejoさんのビデオは、

    ・532,849再生回数

    ・18,574件のいいね

    ・341件のコメント

    ・20.79%という素晴らしいエンゲージメント率を達成しました。


    Alixe Layさんがアイコニックなビューをキャプチャ

    ロンドンを拠点とする写真家のAlixe Layさんは、旅行、食べ物、人々、そして静物のムーディーな写真を撮影します。Seven Urban Wondersの中で最高のパフォーマンスを誇る投稿として、Layさんはアイコニックなカルトンの丘からスコットランドのエジンバラ地区を撮影しました。

    この写真のキャプションとして、Layさんは55,300人のフォロワーに向けて「カルトンの丘の印象的な景色」について説明しています。

    Layさんの写真は、

    ・7,219件のいいね

    ・111件のコメント

    ・13.25%のエンゲージメント率をもたらしました。


    Guillermo Zambranoさんはルーヴル美術館の建築様式を撮影

    ソーシャルメディアで@heymemozamとして知られているブラジル系コロンビア人のトラベルインフルエンサーのGuillermo Zambranoさんは、Instagramアカウントで41,000人以上のフォロワーを持っています。ZambranoさんのSeven Urban Wondersキャンペーンで最も魅力的な投稿は、Hilton社のリスト内でトップに位置したアブダビのルーヴル美術館に来ている旅行者の特集でした。

    明るくモダンなデザインに囲まれた彼の写真のキャプションには、ルーヴル美術館に展示されている重要な作品のいくつかと、Hilton社系列のホテル「Hilton Capital Gran Abu Dhabi」への感謝の言葉がつづられています。

    Zambranoさんの投稿は、

    ・1,662件のいいね

    ・55件のコメント

    ・エンゲージメント率は4.18%でした。


    まとめ

    今回はHilton社のSeven Urban Wondersキャンペーンについて紹介しました。このマーケティング戦略ではタイアップした経験豊富なトラベルインフルエンサーによって、Seven Urban Wondersキャンペーンのために多くの魅力的なコンテンツが提供されました。

    トラベルインフルエンサーたちはSNSを通して、世界中の魅力的な旅行先をフォロワーに体験させ続けることが可能です。写真とビデオ撮影に関するバックグラウンドを持つフォトグラファーなどのインフルエンサーは、ソーシャルメディア上でエンゲージメントを​​促すコンテンツを制作することができます。

    トラベルインフルエンサーやフォトグラファーとタイアップする際に重要なのは、ブランドのカラーやキャンペーンテーマ、ターゲットオーディエンスが好みそうな写真や動画を撮影してもらえるかどうかです。今回のHilton社が行ったキャンペーンのように、インフルエンサーにテーマのみを与えてコンテンツ作成をゆだねると、個々のクリエイティビティが発揮され、それぞれのファンの期待に応えることでエンゲージメント率を上げることができるでしょう。


    参考:http://mediakix.com/2019/03/hilton-influencer-marketing-case-study-instagram/ 
    https://awario.com/blog/hilton-social-media-case-study/

    Pocket