オフラインを活用してインフルエンサーマーケティングを強化する方法とは?

Pocket

一般的にインフルエンサーマーケティングは、企業がオンライン上で強い影響力を持つインフルエンサーとタイアップし、彼らのソーシャルメディア上での発言やコンテンツ発信が軸となります。そして、それを目撃したオーディエンスがコンテンツに「いいね!」やコメント、シェアなどの行動を起こすことによって口コミが広がっていきます。

インターネットが普及する以前は、口コミはオフライン(現実世界)で広がっていくものでした。人々のコミュニケーションの舞台がオンラインに移った現代でも、オフラインでのコミュニケーションや口コミの威力は大きいのです。そして、その事実はBtoC、BtoBのどちらであっても変わりません。

インフルエンサーマーケティングはオンラインのみで行うよりもオフラインをうまく組み合わせた方が効果的です。今回は、オフラインを活用してインフルエンサーマーケティングを強化する方法について説明します。

「インフルエンサーマーケティングはオンラインで行うもの」「オフラインのインフルエンサーマーケティングと言われてもピンとこない」と考えているマーケターも、オフラインインフルエンサーマーケティングへの扉を開けてみたくなるでしょう。

おすすめ記事:オフラインとオンラインをうまく組み合わせた家具ブランドのインフルエンサーマーケティング事例

オフラインとオンラインをうまく組み合わせた家具ブランドのインフルエンサーマーケティング事例

目次

  1. オフラインのBtoCインフルエンサーマーケティング
  2. オフラインのBtoCインフルエンサーマーケティング戦略
  3. オフラインのBtoBインフルエンサーマーケティング
  4. オフラインのBtoBインフルエンサーマーケティング戦略
  5. 人同士の繋がりを強めるオフラインでのコミュニケーション
  6. まとめ


  7. オフラインのBtoCインフルエンサーマーケティング

    インフルエンサーは日々、インスタグラム・ツイッター・フェイスブック・YouTube・ブログなどのソーシャルメディアにアップされる口コミを通してフォロワーにブランドを認知させ、なんらかのオンライン・オフライン上の行動を引き出しています。

    インフルエンサーマーケティングによって、エンゲージメントの拡大や自社ウェブページのファンの増加、売上アップなど、大きな成功を経験したブランドもあるでしょう。

    このように、「インフルエンサーマーケティングはオンライン上のもの」というイメージがあるかもしれませんが、オフラインでブランドの話題を拡散した場合もオンラインと同様の効果が生まれています。とりわけBtoCにおいては、現実世界での口コミの威力を実感しているマーケターは少なくありません。

    テクノロジーが発達し、ソーシャルメディアユーザーが増えている現代であっても、ブランドについての発言はネットよりリアルな現実世界で発せられる機会の方が断然多いとする調査結果もあります。

    それならば、ブランドについてのポジティブな発言をオフラインでも引き出すための方法を探っていかなければなりません。オンラインのキャンペーンと同じくらいオフラインでのインフルエンサーマーケティングも重要で、バランスのとれた戦略が求められています。



    オフラインのBtoCインフルエンサーマーケティング戦略

    ソーシャルメディア上に充実したコンテンツを投稿するインフルエンサーは、ロイヤリティの高い無数のファンを抱えています。それでも、タッチパネルやキーボードを通してWeb上にあげられた彼らの言葉より、現実世界で顔をつき合わせながら、実際に本人の口から語られた言葉の方に重みを感じるのは自然なことでしょう。

    例えば、パーティーやショップでのイベントなど、現実世界でブランドが話題に上る機会は多々あります。こうしたオフラインの場を有効に活用することによって、BtoCインフルエンサーマーケティングを強化することができます。

    では、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

    オフラインのBtoCインフルエンサーを探す

    まずは、オフラインで口コミを広げてくれるインフルエンサーを探すという方法について説明します。顧客を対象としてマーケターが手がけるキャンペーンや説明会の場には、ロイヤリティの高いブランドユーザーが多く集まります。そこで発言力のあるユーザーを見つけましょう。

    ここでは、ソーシャルメディア上のフォロワー数が多いことよりも、現実世界でブランドについて関心を示し、話題を作り出せる人物であることの方が重要です。

    オフラインインフルエンサーを見つけることができたら、マーケターは自己紹介とブランドについてのより詳細な説明を行います。そして、サンプル品や商品の試用に興味があるかどうか尋ねてみましょう。すでにブランドのファンであるユーザーならば、たいていはこうした誘いに積極的な姿勢を見せ、周囲の人々へも話題を拡散してくれるでしょう。

    オンラインのBtoCインフルエンサーを活用する

    BtoCのインフルエンサーマーケティングでは、すでにオンラインで活躍するインフルエンサーにオフラインでもブランドについての話題を持ち出し、さらにポジティブな印象を広めてもらう方法もあります。

    ◆話題性のある贈り物をする

    話題性のある贈り物は話の種になりやすいため、オンラインでタイアップしたことがあるインフルエンサーにギフトカードなどをプレゼントしてみましょう。ブランドの話題を周囲の人に広めてくれるかもしれません。

    ◆センスの良いノベルティを配る

    センスの良いTシャツなどをノベルティとしてインフルエンサーに渡せば、何度か着用してくれる可能性があります。ここでポイントとなるのは、ファッション性があること、もしくは人を笑わせるようなデザインであること、そして、ブランドのロゴを強調し過ぎないことです。

    米国でインフルエンサーマーケティングの事業者として活躍するクリステン・マシューさんは、飲料メーカーである「Bhakti Chai」から贈られたハイセンスなTシャツを気に入ってよく着用しているといいます。デザインが良いため、多くの人が彼女にTシャツについて尋ね、その度に「自分が一番気に入っているチャイのメーカーだ」と答えてブランドのファンを増やしています。

    ◆優越感を持たせる

    人間は自分しか知らない情報を持っている時に優越感を感じます。素晴らしい商品について情報を得たインフルエンサーは、家族や友人、同僚にその商品を推薦するでしょう。新商品やブランドについて他の人が知らないような興味深い情報を少し伝えるだけで口コミとしては大きな効果が得られます。

    このように、BtoCのインフルエンサーマーケティングでは、オフラインインフルエンサーを新たに探す方法と、すでに繋がりのあるオンラインインフルエンサーにオフラインでの活動を促す方法があります。

    複数のインフルエンサーにオンラインとオフラインの双方でブランドについての口コミを広めてもらうことによって、効果的にBtoCインフルエンサーマーケティングを実施することができます。

    おすすめ記事:BtoBからBtoCへ転向したヘアケアブランド Amika のインフルエンサーマーケティング事例

    BtoBからBtoCへ転向したヘアケアブランド Amika のインフルエンサーマーケティング事例



    オフラインのBtoBインフルエンサーマーケティング

    BtoCインフルエンサーマーケティングと同様に、効果的なBtoBインフルエンサーマーケティングにもオフラインの存在が欠かせません。

    BtoBブランドの一件あたりの販売額はBtoCブランドのものに比べて高額なので、第三者の意見や口コミが取引相手の選択に大きな影響を与えます。そのため、インフルエンサーマーケティングを実施して良い口コミを広めておくことが非常に重要と言えます。

    BtoB企業とインフルエンサーマーケティングの関係についてはこちらの記事にまとめてありますので併せてご覧ください。

    おすすめ記事:BtoB企業がインフルエンサーマーケティングに取り組むべき5つの理由

    BtoB 企業がインフルエンサーマーケティングに取り組むべき5つの理由



    オフラインのBtoBインフルエンサーマーケティング戦略

    BtoBの場合、見込み客から深い信頼を得なければ商品やサービスを売ることはできません。

    インフルエンサーは自らの専門分野について深い知識を持ち、企業よりも顧客に近い目線で正直な意見を述べます。BtoBで活躍するインフルエンサーは業界内で信頼できる人物としての地位を築いていることが多いため、BtoB企業がインフルエンサーマーケティングに取り組むことによって見込み客の信頼を獲得し、ビジネスを拡大するチャンスが生まれます。

    では、BtoBインフルエンサーマーケティングを強化するためにオフラインを活用する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

    オフラインをオンラインコンテンツ制作に活かす

    BtoBの業界カンファレンスやイベントは、マーケティング活動の絶好のチャンスです。顧客やインフルエンサー、業界内の主要人物などと直接顔を合わせられるだけでなく、影響力を持つコンテンツを制作するヒントを得るための機会になります。

    業界内で有名なインフルエンサーやブランドの代表者による基調講演や、自分のブランドのオーディエンスに関連があるトピックについて取り上げているセッションがあれば積極的に参加しましょう。そして、得られた知見を分かりやすい形でコンテンツ化します。それによって、イベントのエンゲージメントとリーチを最大限に活用することができます。

    さらに、すでに繋がりのあるパートナーインフルエンサーとタイアップしてコンテンツを制作すれば、インフルエンサーとブランド双方のプレゼンスを高めることができます。

    また、業界カンファレンスやイベントでは、業界内で活躍するインフルエンサーに直接インタビューを行うこともできます。

    一般ユーザーの口コミが少ないBtoB業界では、業界内で影響力を持つ人物の発言が多くの企業の購買決定を後押しします。BtoBインフルエンサーに対してオフラインでインタビューを行い、それをコンテンツ化すれば、ユーザーにとって価値のあるコンテンツを届けられるだけではなく、ブランドの存在感を高めることもできます。

    インタビューは複数のインフルエンサーに対して行い、それをシリーズとしてまとめてもいいでしょう。

    コンテンツの質を高めることは、インフルエンサーマーケティングの成功への鍵です。そして、インフルエンサーも自らの影響力を高めることができるので、ブランドとインフルエンサーがWin-Winの関係になる非常に良い方法と言えるでしょう。

    感謝イベントを開催する

    すでに繋がりのあるインフルエンサーとの関係性を強化する上で、美味しい食事や飲み物を楽しみながらの会話に勝る方法はないでしょう。カクテルアワー、ランチタイム、着席形式のディナーなど、インフルエンサーを招いて日頃の感謝を伝える時間を作ることによってインフルエンサーのモチベーションを高め、ブランドにコミットしてもらうことができます。

    また、感謝イベントの企画によって既存のインフルエンサーとの関係を作り上げることができるだけではなく、将来的にパートナーになるインフルエンサーとの出会いや、インフルエンサー同士を結びつける場にもなります。

    インフルエンサーマーケティングは「お金を払ってソーシャルメディア上にコンテンツを投稿してもらう手法」ではありません。人と人との繋がりを大切にし、ブランドがインフルエンサーをどのように思っているかを伝えるには、オンラインよりもオフラインの方が適しています。

    仕事を超えた関係性を作る

    「世の中の全てがオンライン」と感じられるような時代だからこそ、仕事を超えたオフラインでのインフルエンサーとの関係性作りは大きな意味を持ちます。

    インフルエンサーが新しい仕事を見つけたら手書きのお祝いメッセージを送りましょう。子供が誕生したら、ギフトが詰まったバスケットをプレゼントしましょう。新しいキャンペーンが始まったらちょっとしたお祝いを贈りましょう。このような関係性構築は、今後のオンラインでのタイアップに必ず活きてきます。



    人同士の繋がりを強めるオフラインでのコミュニケーション

    BtoCでは、まずインフルエンサーにブランドのファンになってもらうことが必要です。オフラインで直接コミュニケーションを取る事によってインフルエンサーと親しくなり、オンラインでのコラボレーションがうまくいくようになります。

    また、BtoBは「ビジネスからビジネス」の関係ですが、それを動かしているのは感情を持つ生身の人間です。一度繋がりができるとその後も長く続いていくBtoBブランドと顧客、そして、それを繋げるインフルエンサーとの関係性を良いものにするための努力はBtoBインフルエンサーマーケティングの成功に欠かせません。

    オフラインでインフルエンサーとの繋がりを強化することによって、オンラインでのプロモーションの効果を最大限に高めることができます。


    まとめ

    今回は、オフラインを活用してBtoCとBtoBのインフルエンサーマーケティングを強化する方法について説明しました。

    インフルエンサーマーケティングは、基本的にはオンラインで口コミを起こすことを意味しますが、オフラインを上手に活用することによってオンラインのプロモーションを力強く推進することができます。

    「人間同士が直接顔を合わせて築き上げる関係性」というオンラインにはない良さをぜひインフルエンサーマーケティング戦略に取り入れて欲しいと思います。

    参考:https://www.toprankblog.com/2019/05/online-offline-b2b-influencer-marketing/
    http://www.grouphigh.com/blog/how-to-get-influencers-to-talk-about-your-brand-offline/

    Pocket