米国のファッションインフルエンサーが動かす金額と有用性 前編

Pocket

インスタグラムユーザーは世界的に拡大しており、日本でもインスタグラマーと呼ばれるSNS上のスターがメディアに取り上げられるようになりました。とりわけファッション分野におけるインフルエンサーマーケティングのニーズは高まる一方です。

特に、グローバルな影響力を持つインフルエンサーが集まる米国では、インスタグラムやブログを通して多数のファッショニスタがファッションやライフスタイル、スキャンダルを発信し、大きな経済効果を生み出してきました。その動きにはトレンドに敏感なソーシャルユーザーだけでなく、今や著名なビジネススクールまでもが注目しているほどです。

ファッションインフルエンサーが率いる新たなソーシャルビジネスである「インフルエンサーマーケティング」をブランドが自社の利益に結びつけていくにあたり、ファッションインフルエンサーが実際に動かしている金額を知っておくことは重要なポイントとなります。

今回は、米国のインフルエンサーマーケティング事例を取り上げながら、ファッションインフルエンサーが生み出す利益について紹介します。

おすすめ記事:米国のファッションインフルエンサーが動かす金額と有用性 後編

米国のファッションインフルエンサーが動かす金額と有用性 後編

おすすめ記事:ファッションブランドがインフルエンサーと長期契約を結ぶべき5つの理由

ファッションブランドがインフルエンサーと長期契約を結ぶべき5つの理由

目次

  1. ハーバード・ビジネススクールも注目するファッションインフルエンサーのビジネスモデル
  2. ファッションインフルエンサーの収入とコスト
  3. ファッションインフルエンサーは高額な報酬と引き換えにエンゲージメントをもたらす
  4. 比較的安価で柔軟な「マイクロインフルエンサー」を活用する
  5. まとめ
  6. ハーバード・ビジネススクールも注目するファッションインフルエンサーのビジネスモデル

    インフルエンサー、またはファッションインフルエンサーの定義や実態は未だに曖昧なものですが、いまやファッションインフルエンサーたちがソーシャルメディアの成功者としてインフルエンサーマーケティングビジネスを成立させ、インフルエンサーマーケティングによって多額の報酬を獲得しているのはまぎれもない事実です。

    例えばファッションブロガーのキアラ・フェラーニさんは2009年にブログ『The Blonde Salad』を立ち上げるとすぐ、コアなファッションマニアの人々やブランドから注目されるようになりました。驚くことに、トレンドを率いるフェラー二さんのこうした動きに関しては「ハーバード・ビジネススクール」までが関心を寄せ、昨年発表されたビジネスモデル事例集にそのインフルエンサーマーケティング戦略をまとめています。

    研究によると、フェラーニさんは当初ブログに貼り付けたバナー広告から収入を得ていましたが、ブログ上で自身が発信するコンテンツ自体が利益を生み出すことに気付くまで、長くはかからなかったと言います。インフルエンサーマーケティングキャンペーンとして、スポンサーブランドの商品をブログ記事で取り上げ、ファンベースの売り上げの何割かを報酬として受け取るというスタイルでも十分な収入が得られるようになったからです。

    ファンの増加と並行して、フェラー二さんのインフルエンサーマーケティングキャンペーン報酬は上がっていきました。

    フェラー二さんは、
    ・イベントを企画すると5万ドルの利益
    ・シューズブランドで自身のシリーズを持つ
    ・イヴ・サンローランの香水Black Opiumのプロモーションに起用される
    ・14人のスタッフを雇用し、7百万ドル以上稼いでいる
    という偉業を達成し、一人のブロガーからファッションインフルエンサー界のスターとしてインフルエンサーマーケティングビジネスを利用して大きな活躍を見せています。

    ファッションインフルエンサーの収入とコスト

    ブランドがソーシャル上でインフルエンサーマーケティングキャンペーンを行う際、インフルエンサーたちの動きは追加料金にしたがって決定されることが多いようです。

    インフルエンサーマーケティング企業「Fohr Card」のCEOであるナード氏は、「普通、ブランドはインフルエンサーたちにブログやインスタグラム上で自社の商品についてシンプルに言及するのではなく、幾つかのハッシュタグをつけて投稿することを望んでいます。また、ユーザーたちのエンゲージメントが高い月曜の朝に投稿するのか、人々がまどろんでいる日曜の午後にするかなど、投稿スタイルやタイミングもすべて事前に決定し、インフルエンサーマーケティングの報酬額を算出しておくことが多くなっています。」と、説明しました。

    とはいえ、支払われた報酬がそのままインフルエンサーの利益になるわけではありません。ソーシャルメディアのファッションインフルエンサーたちは、投稿画像の撮影費用といった諸経費を基本的に自己負担しているからです。

    例えばファッションインフルエンサーであるアリエル・カーナスさんのブログ『Something Navy』の撮影はファッションフォトグラファーのアレキサンドラ・ウルフさんが担当している上に、照明やメイク、ヘアスタイリストも必要であり、たった1枚の画像であっても丸一日や二日間を費やし、5千ドルもの費用がかかっていたりする場合があります。

    同じくファッションブロガーのリーンドラ・メディーンさんのブログについても、2016年6月に同ブログのデジタルディレクターであるケイト・バーネットさんが「Man Repellerはどうやって金を生み出しているか(How Man Repeller Makes Money)」という記事をアップしています。

    MR Round Table: How Man Repeller Makes Money

    これは話題性あふれるファッションブロガーたちのブログの内情をあれこれ詮索しようとするメディアの要求に応えた記事ですが、そのなかでバーネットさんは「かわいらしく仕上がっている私たちのブログも、編集努力の賜物です。これは一般的な広告運営と変わりません。」と述べています。

    ファッションインフルエンサーは高額な報酬と引き換えにエンゲージメントをもたらす

    高額な報酬を支払った結果として、ブランドがインフルエンサーマーケティングで手に入れられるものはなんと言ってもソーシャル上のアクセス数とブランド認知度です。とりわけソーシャルメディアの使用頻度が高く、ファッションに対する支出が高いミレニアル世代の若者たちからエンゲージメントを引き出すことがインフルエンサーマーケティングキャンペーンには期待できます。

    インフルエンサーとして利益をあげるファッションブロガーにとって、インスタグラムはビジネスツールであり、投稿は広告と変わりません。しかしブログを通してインフルエンサーたちに親しみを持ち、「リアルな女性たち」と認識する多くのユーザーにとってインフルエンサーの投稿は「信憑性の高い口コミ」という力を持ちます。

    「効果的なブログ投稿の作成するには、さまざまな側面を考慮する必要があります。」と語るのは最も影響力のあるインフルエンサーの一人であり、スタイルブログ『We Wore What』のダニエル・バーンステインさんです。インスタグラムに150万人以上のフォロワーを抱えるバーンステインさんは「とりわけ注意を払わなければならないのは、信頼できる記事かどうかということ。投稿はオーディエンスとの信頼を作るものですので、私自身が良いと思えない商品を紹介することはできません。」と語っています。

    インフルエンサーマーケティング企業「Socialyte」の共同出資者レベッカ・アレキサンダーさんは、「インフルエンサーは自身が管理するソーシャルメディアの各チャンネルを通して、数百、数千、そしてなかには数百万の消費者にリーチします。ファンのほとんどは彼女たちのライフスタイルに憧れ、彼女らが食べるものを食べ、彼女らが身につけるものを身につけたいと望んでいます。つまり、オーディエンスがファッションや美容、旅行などについて考えをめぐらす時、その意思決定に大きなインパクトを与える役目を果たすのがインフルエンサーなのです。」と話しました。

    ファッションインフルエンサーはミレニアル世代にとってリアリティ番組のスターであり、インフルエンサーマーケティングによる発信を通して数10億ドルに相当する商品やサービスが需要を上げています。

    比較的安価で柔軟な「マイクロインフルエンサー」を活用する

    数回の投稿で6桁もの報酬を手に入れるトップランクのブロガーがいる一方で、そういったインフルエンサーとタイアップしようとするブランドのすべてが報酬の高騰化に対応できるわけではありません。インフルエンサーマーケティングを展開する企業の増加に伴い、フォロワー数の多いインフルエンサーに対する高額な報酬料金が生み出すROIに懐疑的なマーケターが増えています。

    フォロワー数と知名度よりもファンのロイヤリティの高さを重視し、「インフルエンサーの有用性はそのフォロワーが商品購入リンクをどれほどクリックしているかだ」と考えているブランドは少なくありません。このため、フォロワー数15〜50万ほどのマイクロインフルエンサーと呼ばれる人々が、比較的安価な報酬にも拘わらずインフルエンサーマーケティングで大きな利益を上げることが注目されています。

    アレキサンダーさんも、「マイクロインフルエンサーは熱意があり、ブランドのビジョンにも柔軟な姿勢を示してくれる上、ブランドが求めるニッチなオーディエンスにもリーチしてくれます」とマイクロインフルエンサーマーケティングの価値を高く捉えていました。

    フォロワー数の多いインフルエンサーほど経済効果が期待され、一般的に高額の報酬が必要となりますが、比較的安価で柔軟なマイクロインフルエンサーであっても、ロイヤリティの高いファンから大きなエンゲージメントを引き起こします。

    おすすめ記事:マイクロインフルエンサーの活用術

    マイクロインフルエンサーの活用術

    まとめ

    今回は、米国のファッションインフルエンサーやビジネスに長けた人物の言葉と共に、ファッションインフルエンサーが生み出すお金に関する状況を紹介してきました。

    高額な報酬を必要とするメガインフルエンサーやマクロインフルエンサーは莫大な数のフォロワーを擁しているため、ブランドの認知度向上やリーチ数アップに大きく貢献してくれます。ただし、報酬が高いからと言って値切り交渉を行うのではなく、インフルエンサースター側も投稿に多くのコストや時間がかかることをタイアップ決定時には考慮する必要があります。

    また、マイクロインフルエンサーは投稿に信憑性の高い「各ジャンルの専門家」としてファンから支持を得ているため、タイアップするのにぴったりなインフルエンサーを選定することができれば安価な報酬でインフルエンサーマーケティングキャンペーンを開始し、大きな利益を得ることも可能です。

    後編では、ファッションインフルエンサーであるヘイディ・ナツァラディンさんのインフルエンサーマーケティングキャンペーンの報酬と、インフルエンサーマーケティング専門企業の活用方法を紹介します。

    おすすめ記事:米国のファッションインフルエンサーが動かす金額と有用性 後編

    米国のファッションインフルエンサーが動かす金額と有用性 後編

    おすすめ記事:ファッションインフルエンサーがインスタグラムを選ぶ4つの理由

    ファッションインフルエンサーがインスタグラムを選ぶ4つの理由

    参考:http://www.marieclaire.com/fashion/news/a22091/business-of-style-stars/
    https://theambitionista.com/a-rendezvous-at-the-new-lax/

    Pocket