インフルエンサーマーケティングの効果

Pocket

roi

ソーシャルメディアマーケティングにおいて、オウンドメディア、ペイドメディア、アーンドメディアのいわゆるトリプルメディアとよばれるチャンネルの活用法が研究されてきた。なかでもユーザーへのエンゲージメント効果を測りづらいペイドメディア、ブランド側からはコントロールの難しいアーンドメディアは、それぞれの利点やどちらが有効かについて多くのマーケターを悩ませてきた。こうした状況のなか、インフルエンサーマーケティングを活用することでより効果的にアーンドメディアを利益につなげられるという効果に関する報告が出た。

 

ソーシャルの発達とアーンドメディア

トリプルメディアのなかでも、ソーシャルの発達に伴いアーンドメディアはブランドの認知度向上や売り上げへの効果が期待されてきた。ただそのコントロールは難しく、アーンドメディアの効果を解析することに時間を割いてきたマーケターも多い。そんな中、米国でデジタルメディアとテクノロジーを手がけるBust Mediaは「2014 インフルエンサーマーケティング評価レポート」を発表し、インフルエンサーマーケティングを通じてアーンドメディアが生み出す効果を分析した。

Bust Mediaの2014年インフルエンサーマーケティング調査

Bust Mediaのレポートは662人のソーシャルユーザーやブロガーを活用してキャンペーンを展開した15社を対象におこなわれた調査をもとにしている。

このインフルエンサーマーケティングの各キャンペーンで用いられたのは下記。

  • ブランドによる自社ブログサイトへの投稿
  • ソーシャル上での宣伝とブランドサイトの拡散
  • インフルエンサーと彼らが作成したコンテンツ

コンテンツはどれもクオリティが高く、さまざまなソーシャルネットワークを通じて拡散された。

インフルエンサーマーケティングによるアーンドメディアの費用対効果は1ドルあたり6.85ドル

調査結果からはインフルエンサーマーケティングを活用しコンテンツが拡散されるに従い、アーンドメディアの高い効果が明らかになっている。インフルエンサーマーケティングの費用対効果は測定方法やその妥当性が議論の的になることが多いが、調査からはマーケターたちはペイドメディア1.00ドルに対し平均6.85ドルの利益をアーンドメディアから得ていることが明らかになったという。

なかでも3つの業種が平均の6.85ドルを上回り、1.00ドルごとの各費用対効果は下記のようになっている。

  • 消耗品および食品…11.33ドル
  • 小売りアパレル…10.48ドル
  • 旅行…7.04ドル

一方、最も効果が薄かったのは家庭/ガーデン用品で0.64ドルという数字となった。適切なターゲットを絞り込むことが課題となるだろう。

 

アーンドメディアを有効に使うには

デジタルマーケティングのニュースをオンラインで提供するClickZのレポーター、テッサ・ウィジャートによれば、インフルエンサーマーケティングの登場はかつてのオンラインチャットやアーンドメディアよりはるかにブランドに対して効果をもたらすと言う。また、デジタルマーケティングの包括的なサービスを手がけるPrime Visibilityメディアマネージャー、デビット・ニューマンは、インフルエンサーを活用して適切なソーシャルユーザーに適切なコンテンツを届けることは、売り上げを伸ばす効果だけではなく、ブランドへの理解度を増す効果にもつながると語る。

 

 

参考:Social Times “Report: Influencer Marketing Can Yield Big Returns” http://www.adweek.com/socialtimes/report-influencer-marketing-can-yield-big-returns/616512

Pocket