フェス×インフルエンサーマーケティング-9の成功事例-リーバイス・アメックス・H&Mなど

Pocket

野外音楽フェスCoachellaは、毎年4月にカリフォルニア州で行われている世界的なイベントです。ミレニアル世代を中心とした参加者は毎年数万人に上り、イベントには参加者をターゲットとしたブランドも多数集結します。

この大規模なイベントはマーケターにとって恰好の巨大マーケティング市場であり、毎年数多くのブランドがインフルエンサーマーケティングを実施する舞台としても広く認知されています。

今回は、Coachellaで展開されるインフルエンサーマーケティングキャンペーンの中でも、有名ブランドによるインスタグラムインフルエンサーマーケティング事例を8つご紹介します。

おすすめ記事:【2019年度版】世界最大の野外音楽フェスCoachellaのインフルエンサーマーケティング事例9選

【2019年度版】世界最大の野外音楽フェスCoachellaのインフルエンサーマーケティング事例9選

目次

  1. Coachellaとインフルエンサーマーケティングの関係
  2. Sonic Drive-In社の事例
  3. アメリカンエクスプレス社の事例
  4. REVOLVE社の事例
  5. Live Lokai社の事例
  6. H&M社の事例
  7. BMW社の事例
  8. PUMA社の事例
  9. リーバイス社の事例
  10. まとめ
  11. Coachellaとインフルエンサーマーケティングの関係

    Coachellaの参加者の目的は音楽だけではありません。このイベントに出店するファッションブランドのブースやグルメなども大きな楽しみとなっています。

    マーケティングエージェントのMomentum Worldwide社の調査によると、フェスティバルに参加する人の約80%が「フェスで見たブランドをソーシャルメディア上で好意的に取り上げる」とし、そのうちの55%が「フェスで目にしたブランドの商品は、フェス後に購入する傾向にある」としています。またフェス参加者の93%がフェスに出店しているブランドやフェスと関係のあるブランドにポジティブな反応を示したとし、商品を購入したり、ブランドに対するポジティブなコメントを残したりといった行動に繋がっています。

    これらの事実から、Coachellaのような大型イベントはインフルエンサーマーケティングと相性がよく、双方にとって相乗効果が期待できると言えるでしょう。これまでAmerican Express社、Levis’社、H&M社など世界的なブランドもCoachellaにおけるインフルエンサーマーケティングキャンペーンを実施しており、大きな成果を挙げて
    います。

    Sonic Drive-In社の事例

    View this post on Instagram

    Getting on the #SquareShakes at # WelcomeToBaseCamp

    A post shared by Tristan Graham (@ascotchinthecabin) on

    飲食業界のインフルエンサーマーケティングは、高級レストランからファーストフード店まで、あらゆる層のブランドに対して有効な戦略です。アメリカのファーストフードチェーンのSonic Drive-In社もその有用性に目をつけ、Coachellaでのインフルエンサーマーケティングキャンペーンを実施したブランドのひとつでした。同社は、数あるソーシャルメディアプラットフォームの中でもインスタグラムにおけるエンゲージメント率に注目して活用し、成功を収めた事例となっています。

    目的
    1. ブランド名、およびインスタグラムにおけるブランド公式サイトの認知拡大
    2. ブランドがリリースする新しいフレーバーシェイクの宣伝

    アプローチと効果
    Sonic Drive-In社は「#SquareShakesキャンペーン」と題し、正方形のフォトジェニックなシェイクをCoachella限定で提供するというキャンペーンを実施しました。その内容は以下の通りです。

    1. 希望者は、Sonic Drive-In社のインスタグラム広告から好きなシェイクをオーダーする
    2. フェスティバル会場で、オーダーしたシェイクを受け取る
    3. 受け取ったシェイクの写真を撮り、#SquareShakeのハッシュタグと共にインスタグラム投稿すればシェイク代は無料

    このシェイクは、インスタグラムで12.8万人のフォロワーを持つシェフJacques La Merdeとタイアップし、「オーディエンスを魅了するようなフォトジェニックなスイーツを」というテーマで制作されました。このおしゃれでインパクトのあるスイーツはインスタ映えするよう計算されており、このインフルエンサーマーケティングキャンペーン結果、多くのミレニアル世代を惹きつけました。

    キャンペーンの結果
    いいね!の数:2.6万回
    コメント数:約1,000件
    キャンペーン前のフォロワー数:11.8万人
    キャンペーン後のフォロワー数:12.9万人

    アメリカンエクスプレス社の事例

    Coachellaのオフィシャルスポンサーであるアメリカンエクスプレスは、同社のAmexメンバーにCoachellaの無料チケット、VIP招待、商品のプレゼントといった特典を提供する「#AmexAccessソーシャルメディア・マーケティングキャンペーン」を実施しました。アメリカンエクスプレスのアンバサダーを起用したCoachellaでのインフルエンサーマーケティングキャンペーンは、大きな成果を記録しています。

    目的
    アメリカンエクスプレスのメンバーが、Coachellaアプリに登録することで得られる特典の宣伝

    アプローチと効果
    アメリカンエクスプレスは、ブランドアンバサダーとしてAdam gallagherさんやPatrick Janelleさんといった人気インフルエンサー10人以上とタイアップしています。同社のサービスを際立たせオーディエンスを興味を引くようなコンテンツを作成してもらい、ハッシュタグ#AmexAccessと共にインスタグラムにコンテンツを投稿するというインフルエンサーマーケティングを実施しました。

    そしてこのインフルエンサーマーケティングキャンペーンによってAmexメンバーには、Coachellaの無料チケットや商品プレゼントが当選するチャンスがあると宣伝。このインフルエンサーマーケティングは多くのオーディエンスの興味を引き、クレジットカード会社でも効果的なインフルエンサーマーケティングが可能であることを証明しました。

    キャンペーンの結果
    リーチ数:1,500万人
    いいね!の数:約14万回
    コメント数:400件超

    REVOLVE社の事例

    ファッションブランドのREVOLVE社は、Coachella 2016におけるインフルエンサーマーケティングの中でも、特に注目を集めたブランドです。

    目的
    ・Coachella参加者に対するブランドの認知拡大
    ・「トレンドの仕掛け人」としてのブランドのアイデンティティの確立
    ・売上の向上

    アプローチと効果
    REVOLVE社は、Coachellaの期間中に「Desert House party」と称したインフルエンサーマーケティングキャンペーンを実施しました。

    Bella Thorne、Aimee Songといったトップ・インフルエンサーたちを、砂漠にあるラグジュアリーな別荘で行うパーティーへ招待し、その様子を#RevolveFestivalのハッシュタグと共に投稿してもらうというものです。

    REVOLVE社はCoaechellaの公式スポンサーではなかったものの、効果的なインフルエンサーマーケティングを実施したことで、高いエンゲージメントを獲得しました。

    キャンペーンの結果
    リーチ数:3,000万人超
    いいね!の数:161.8万回
    コメント数:1.27万件

    おすすめ記事:ファッションブランド「REVOLVE」による音楽イベント「Coachella」でのインフルエンサーマーケティング事例

    ファッションブランド「REVOLVE」による音楽イベント「Coachella」でのインフルエンサーマーケティング事例

    Live Lokai社の事例

    比較的小さな規模のファッションブランドであるLive Lokai社は、Coachellaでのインフルエンサーマーケティング開始当時は知名度もあまりありませんでした。しかし、フェスティバル向けのブレスレットのプロモーションのためにセレブリティたちとタイアップしたインフルエンサーマーケティングを実施した結果、Coachellaで最も話題となったブランドに仲間入りしたのです。

    目的
    Live Lokai社のフェスティバル向けブレスレットをCoachellaの参加者に宣伝すること

    アプローチと効果
    Live Lokai社は女優のVanessa HudgensさんやNina Dobrevさん、モデルのKyra santoroさんといったトップ・インフルエンサーたちとタイアップし、同社のカラフルなフェス向けブレスレットをアピールするコンテンツ制作を依頼しました。

    そしてコンテンツをソーシャルメディアプラットフォームに投稿することで、Coachellaの膨大な参加者に対してブランドの認知拡大を行いました。インフルエンサーたちが鮮やかなブレスレットを身に着けてCoachellaを楽しむ様子は、またたくまにCoachellaに参加しているオーディエンスに広がり、その効果は他の有名ブランドのキャンペーンを上回るほどでした。

    インフルエンサーマーケティングは、企業の知名度や規模に関係なく有効であることを証明した成功事例と言えるでしょう。

    キャンペーンの結果
    リーチ数:4,000万人
    いいね!の数:220万回超
    コメント数:1.4万件超

    H&M社の事例

    Coachellaの公式パートナーであるファストファッションブランドH&Mは、Coachellaとコラボしたブランドライン「H&M Loves Coachella」のプロモーションのため、インフルエンサーマーケティングを実施しています。

    2017年はロックバンドThe Aromicsとタイアップし、イベントの実施、インスタグラムのコンテンツの投稿。さらに15人以上のインフルエンサーも起用し、Coachellaにインスピレーションを得たブランドのコレクションをオーディエンスに広くアピールしました。

    Coachellaに際したインフルエンサーマーケティングに参加するブランドの中には、H&Mのように世界的に有名な一流企業も多数含まれています。

    BMW社の事例

    Coachellaにおけるインフルエンサーマーケティングは、ファッションブランドに限りません。

    2017年の公式パートナーである自動車ブランドのBMW社は、VIPゲストの送迎サービスを提供するにあたり、「#RoadToCoachella」というハッシュタグを使用したインフルエンサーマーケティングキャンペーンを実施。サービスを提供したゲストたちにBMW社の提供した行程についてのコンテンツを投稿してもらいました。

    PUMA社の事例

    スポーツブランドとして知られるPUMA社は、Coachella 2017年の顔である俳優Daniel Baconとタイアップしたインフルエンサーマーケティングキャンペーンを実施。

    DanielはCoachellaの前日にインスタグラムにコンテンツを投稿し、自分がPUMA社とスポンサー契約していることをアピールしました。

    Coachellaの参加者の約80%はこのイベントのために何かしら新しいグッズを購入し、そのうちの55%はフェスのブースや宣伝で見つけたものを選んでいるようです。ある調査ではフェス参加者の93%が出店しているブランドやフェスと関わるブランドにポジティブな反応を示したという結果が出ており、実際にフェス後にそれらのブランドを購入したりSNSアカウントにコメントを残している参加者が多数存在します。

    リーバイス社の事例

    ジーンズブランドのリーバイスは、アメリカのみならずメキシコ、イタリア、スペインといった世界各国のリーバイスブランドからインフルエンサーを送り込むという大規模なインフルエンサーマーケティングキャンペーンを実施しました。

    タイアップしたインフルエンサーたちは、#LiveInLevisのハッシュタグと共にリーバイスのアイテムを身にまとってCoachellaを楽しむ様子を投稿し、ブランドの認知度拡大に貢献しました。

    まとめ

    今回は、毎年何万人もの参加者を記録しその大部分がミレニアル世代という巨大音楽フェス「Coachella」に伴って行われたインフルエンサーマーケティング事例を紹介しました。

    Coachellaのような大規模なイベントは、フェスティバルという非日常感に加え、イベントによってターゲット層がある程度絞り込めるというメリットがあり、効果的なインフルエンサーマーケティングが期待できます。実際、毎年行われるCoachellaでは多くのブランドがインフルエンサーマーケティングに乗り出しており、毎年参加しているブランドも少なくありません。

    日本でもフジロックフェスティバル、SUMMER SONIC、ROCK IN JAPANといった音楽フェスが毎年盛り上がりを見せています。ターゲットオーディエンスの話題に上りやすいビッグイベントは、インフルエンサーマーケティングの舞台としても大きなチャンスです。

    おすすめ記事:【2019年度版】世界最大の野外音楽フェスCoachellaのインフルエンサーマーケティング事例9選

    【2019年度版】世界最大の野外音楽フェスCoachellaのインフルエンサーマーケティング事例9選

    おすすめ記事:ファッションブランド「REVOLVE」による音楽イベント「Coachella」でのインフルエンサーマーケティング事例

    ファッションブランド「REVOLVE」による音楽イベント「Coachella」でのインフルエンサーマーケティング事例


    参考:https://mediakix.com/blog/working-with-influencers-coachella-music-festival/
    https://mediakix.com/blog/instagram-case-study-sonic-squareshakes/#gs.ax1BBIk
    https://mediakix.com/blog/coachella-branded-experiences-social-media-influencers/

    Pocket