LFR(Like Follower Ratio= いいね率)はどんな指標?その重要性とは。

Pocket

インフルエンサーマーケティング戦略にソーシャルメディアチャンネルを使用する際に重要な測定基準に、「Like Follower Ratio」または「Engagement Rate」と、「Audience Quality Grades」があります。

簡単に説明すると、
・Like Follower Ratio(LFR) - いいね率
・Engagement Rate - エンゲージメント率
・Audience Quality Grades - オーディエンス品質スコア

これらの指標は、インフルエンサーとそのオーディエンスがどれほど魅力的であるかの判断材料になります。

今回は、このLFR(いいね率)の測定基準について詳しく説明し、後編としてAudience Quality Grades(オーディエンス品質スコア)について解説します。

おすすめ記事:今後のインフルエンサー選定は「オーディエンス品質」の理解が不可欠

今後のインフルエンサー選定は「オーディエンス品質」の理解が不可欠


目次

  1. LIKE FOLLOWER RATIOとは?
  2. フォロワー数の増加にともなって、エンゲージメント率は減少するのか?
  3. いいね率を計算する方法
  4. 良い「いいね率」とYouTuberの汎用性
  5. 偽フォロワーや「いいねbot」には注意が必要
  6. まとめ
  7. LIKE FOLLOWER RATIOとは?

    いいね率(以下、LFR)とは、フォロワーの数に対する平均いいねの数に基づいて測定できます。これは、アカウントに対するフォロワーのエンゲージメントが実際にどれほど優れているかを測るための指標の1つです。

    通常、長期間で見るとLFRは不規則に変化します。そして一般的にLFRは、フォロワー数の増加と共に減少していきます。オーディエンスの質はフォロワーの数とも関係していて、それがLFRに反映されていると想定されます。

    つまり、2,000人のフォロワーに対して200人のいいねがあれば、その投稿にエンゲージしているフォロワーは10%に相当します。一方、アカウントに合計10万人のフォロワーがある場合、2,000人のいいねがあっても2%にしか相当しないことになります。アカウントのフォロワー数が多いほど、すべてのフォロワーが投稿にエンゲージする可能性が低くなるため、高いLFRを維持することが難しくなります。

    Instagramのフィードに含まれるコンテンツは、平均70%以上も見逃されているという研究結果が出ています。フォロワーが少ないアカウントの方が露出も少ないため、オーディエンスの質が高くなるようです。



    フォロワー数の増加にともなって、エンゲージメント率は減少するのか?

    フォロワーの数が増えると、エンゲージメントは低下する可能性が高いと考えられます。Instagramは当初、素敵な瞬間や思い出を友人と共有することを目的としたソーシャルネットワークサービスでした。

    つまり、Instagramの新しいアルゴリズムでは、大規模なアカウントはユーザーのフィードに表示されにくくなります。こういったフォロワー数の多いメガアカウントは、ユーザーの友人や密接な関係にある仲間のコミュニティチャンネルとして分類されないためです。

    次に、やや小規模なアカウントであるマイクロインフルエンサーのフォロワーは一般的にそのコンテンツに興味を持っているため、より積極的であり、フォローしているチャンネルに関心を寄せています。したがって、特定のニッチ層をターゲットにしたやや少なめのフォロワーを持つ「マイクロインフルエンサー」は、少量でもエンゲージメント率の高いフォロワーを獲得しています。

    いいね率を計算する方法

    他の測定基準と比較して、LFRはかなり簡単に計算できます。例えば下記の投稿は、ドイツのファッションとライフスタイルインフルエンサーであるCaro Daurさん(@carodaur)の投稿です。


     

    Caro Daurさんは、彼女がその投稿を発表した日に、29,781のいいねを獲得しました。またその日、Caro Daurさんには981,215人のフォロワーが存在しました。測定基準を計算するには、いいねの数÷フォロワー数×100=LFRのパーセンテージがはじき出せます。

    つまり、29,781÷981,215×100=3.04%のLFRということになります。これはフォロワー数に対する特定の投稿のLFRを計算した数式ですが、一般的にインフルエンサーの平均Like Follower Ratioを出す際は、インフルエンサーとそのフォロワーとのエンゲージメントを全体的に理解するために、一定期間内のいいねの平均に基づいて計算されます。

    ただし計算する際は、すべてのいいねには「フォロワーからのいいねと非フォロワーからのいいね」の両方が含まれることに注意してください。



    良い「いいね率」とYouTuberの汎用性

    インフルエンサーのLike Follower Ratioに影響を与えるさまざまな要因により、LFRの標準化されたベンチマークはありません。

    主にInstagramだけに存在するインフルエンサーよりも、YouTuberによるInstagramアカウントのほうがInstagramでのエンゲージメントが高い傾向にあることがわかりました。その理由の1つは、YouTuberがYouTubeでのフォロワーをInstagramでフォローして、自身の日常生活をより深く知ってもらうことで、Instagramチャンネルへのトラフィックを促進することを促しているためです。

    YouTuberは非常に熱心なファンベースを持ち、すべてのソーシャルメディアプラットフォームにわたってファンを魅了することができます。さらに、YouTubeの動画ブロガーは小規模なコミュニティとして理解されていて、自分の投稿でほかの動画ブロガーを推薦したり、時には他の動画にゲスト出演するなどお互いに影響しあっているため、各フォロワーもいろいろな動画ブロガーに興味を持っていきます。

    LFRはチャンネルのサイズにも大きく依存しています。マイクロインフルエンサーは、有名インフルエンサーよりも高いエンゲージメントを示すことがよくあります。さらに、LFRはFacebook、Twitter、Instagramなどのほかのソーシャルメディアプラットフォームではそれぞれアカウントごとに異なります。一般的に、InstagramはFacebookよりも10倍高いエンゲージメントを示し、毎日約35億のいいねがこのInstagramでカウントされています。

    おすすめ記事:テレビ番組「NEXT TOP MODEL」から生まれたInstagramインフルエンサーとそのタイアップ事例6選

    テレビ番組「NEXT TOP MODEL」から生まれたInstagramインフルエンサーとそのタイアップ事例6選

    偽フォロワーや「いいねbot」には注意が必要

    LFRは、インフルエンサーの価値を評価するときに確認する必要がある指標です。目に見える大きなメディアの露出がないにも関わらず、フォロワーが異常に増加し、LFRが極端に低い場合は、「偽フォロワー」を購入しているアカウントの可能性があります。

    これらのフォロワーはたいていフォローしているだけでチャンネルには関与しないボットです。ただし、最近ではフォローといいねの両方を実行するボットがあるため、購入したフォロワーを検出するのが難しくなります。

    Like Follower Ratioに関して明確なベンチマークを定義することはできません。しかしこの「いいね率」を計算してみれば、タイアップする予定のインフルエンサーがブランドや製品の認知度を高めることができるかどうか、企業が評価する役に立ちます。

    「いいね」は、ページに表示された製品やブランドを、ユーザーが認識したことを保証する機能です。この点に関して、LFRはインフルエンサーのフォロワー数よりも価値のある測定基準だといえるでしょう。なぜなら、すべてフォロワーが常にインフルエンサーに対して高い関心を持っているわけではなく、フォロワー数は必ずしも質の高いオーディエンス数の指標ではないからです。

    しかし、良いエンゲージメントの価値は、「いいね爆撃」というアカウントの投稿を上から順に連続して無差別いいねをする行為や「いいねツール」という自動的にいいねを押すツールの使用によってすでに脅かされています。LFRのメトリクスを理解することは、誠実でハイクオリティなコンテンツを作成するインフルエンサーを特定するために重要ですが、上記のような注意点もあることは確かです。

    おすすめ記事:注意すべき「偽フォロワー」や「偽いいね」とは?

    注意すべき「偽フォロワー」や「偽いいね」とは?

    まとめ

    今回はLike Follower Ratio「いいね率」について説明しました。
    いいね率は「投稿の平均いいね数÷フォロワー数」のパーセンテージで測定することが可能ですが、確実な測定基準ではありません。

    それでも、インフルエンサーマーケティングキャンペーンの成功に向けてブランドが進化するためにはフォロワー数を確認し、エンゲージメントの重要性が高まっているという考え方を理解する必要があります。エンゲージメント率に有望性を見出されているマイクロインフルエンサーは、現在最も注目を浴びているインフルエンサータイプです。

    単にフォロワー数が多いインフルエンサーよりも「いいね率が高いインフルエンサー」の方がフォロワーから愛されていると考えられるのは確かな判断材料といえます。偽フォロワーやいいねを打つために存在するBOTのことを考慮するとキリがありませんが、インフルエンサーを選ぶ際の1つの判断基準としてLFRは今後ますます重要となってくるでしょう。

    おすすめ記事:今後のインフルエンサー選定は「オーディエンス品質」の理解が不可欠

    今後のインフルエンサー選定は「オーディエンス品質」の理解が不可欠

    おすすめ記事:テレビ番組「NEXT TOP MODEL」から生まれたInstagramインフルエンサーとそのタイアップ事例6選

    テレビ番組「NEXT TOP MODEL」から生まれたInstagramインフルエンサーとそのタイアップ事例6選

    参考:https://blog.influencerdb.com/engagement-like-follower-ratio-explained/

    Pocket